« タイム・クライム | トップページ | タイムシャッフル »

2015年5月 5日 (火)

LUCY/ルーシー

★★★★

製作:2014年 フランス 上映時間:89分 監督:リュック・ベッソン

 ネットでの評価がかなり低かったので、映画館での鑑賞はパスしてDVDが出るまで待っていた。ところが予想以上に面白い映画で、何だか非常に得した気分になってしまった。主演のスカーレット・ヨハンソンは可愛いし、先の読めないスピード感あるストーリー展開もまずまずだと思う。
 ではなぜあれほど評価が低かったのだろうか。多分作品全体に漂う個性が強過ぎるのか、超人アクションに期待し過ぎた人々の失望点なのかもしれない。
 
 ルーシーの体内に埋め込まれた強烈な麻薬?が体内で漏れてしまう。通常なら彼女は即死してもおかしくないのだが、なんと脳機能が驚異的に覚醒し、人間離れした能力を発揮して大暴走を始めるのであった。
 人類の脳は通常10%パーセント程度しか機能していないのだが、ルーシーの脳は20%からだんだん100%に向かって覚醒していく。

 はじめは台湾のマフィアたちに襲われてオドオドするルーシーだったが、覚醒してからは超人になってマフィアたちを、いとも簡単に捻り潰してしまう。なんとも爽快な変身ぶりではないか。このままスーパーアクションを駆使した復讐劇が続くのだろう、と思い込んでいたら実はそんな単純な話ではなかったのである。

 ヒトは自らの死と引き換えに子孫を創り、遺伝子を引き継ぎながら永遠の時間の中を流れてゆく。そして映画の中で、脳科学者役のモーガン・フリーマンが、次のような含蓄のあるセリフを喋っていたのが印象的であった。
「人類が生きている証とは、他人に自分の持っている情報を出来るだけ多く伝えることである」
 さて覚醒し続けるルーシーは、一体何を目指しているのだろうか。それは観てのお楽しみと言うことで…。

下記のバナーをクリックするとこの記事の人気度を確認できます↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« タイム・クライム | トップページ | タイムシャッフル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/59882777

この記事へのトラックバック一覧です: LUCY/ルーシー:

» LUCY/ルーシー ★★★★ [パピとママ映画のblog]
「レオン」「ニキータ」のリュック・ベッソン監督がスカーレット・ヨハンソンを主演に迎えて贈るヒロイン・アクション。新種ドラッグの影響で脳機能が驚異的に覚醒し、超人的な能力を発揮し始めたヒロインの暴走の行方を描く。共演はモーガン・フリーマン、チェ・ミンシク...... [続きを読む]

受信: 2015年5月 6日 (水) 17時26分

« タイム・クライム | トップページ | タイムシャッフル »