« アダプテーション | トップページ | タイム・クライム »

2015年4月28日 (火)

浪人街

★★★☆

製作:1990年 日本 上映時間:117分 監督:黒木和雄

 何となく黒沢明監督の時代劇を思わせる創り方だが、なんとオリジナルは1928年にマキノ正博監督による日本のサイレント映画で、大ヒットした剣戟映画(けんげきえいが)シリーズなのだという。その後リメイク作品が何本も創られているが、本作はそれらの中では一番新しい作品である。

 この映画の最大の見どころは、何と言っても終盤の旗本120人対浪人4人の壮絶な戦なのだが、それ以上に個性的なキャストたちにも痺れてしまうだろう。曲者の浪人たちを演じるのは、原田芳雄、石橋蓮司、田中邦衛、勝新太郎で、悪役たちも中尾彬、佐藤慶の定番悪役が揃っている。さらにチョイ役でうどん屋を演じた長門裕之の渋い演技と、勝新太郎の掛け合いもなかなか見応えがあった。

 それにしても、この映画に出てくる武士たちには武士道も忠義もない。まっとうな男は居酒屋の主人位で、主役である4人の浪人たちにしても、金と女と酒に溺れて生きているようなヤサグレばかりなのである。まあ時代背景が幕末に近い頃と言うことで、堕落した武士達が蔓延していたのだろうか。
 
 ただ浪人たちの中では、断トツに殺陣の上手いはずの勝新太郎に全く殺陣をさせなかったことが解せない。そして逆に原田芳雄の出鱈目な殺陣がちょっと気になったが、命がけの必死な戦いならあれが現実的なのだろうか。また現在の石橋蓮司からは絶対に想像出来ないが、彼の迫力ある居合斬り殺法は見応えがあったね。
 アウトロー時代劇として皮肉たっぷりで、なかなか面白い作品だと思った。だが過剰に期待していたせいか、脚本と演出に何かもう一味足りない気がしたのは私だけであろうか。

下記のバナーをクリックするとこの記事の人気度を確認できます↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« アダプテーション | トップページ | タイム・クライム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/59800708

この記事へのトラックバック一覧です: 浪人街:

« アダプテーション | トップページ | タイム・クライム »