« タイムマシンの殺人 | トップページ | 浪人街 »

2015年4月24日 (金)

アダプテーション

★★★

製作:2002年 米国 上映時間:115分 監督:スパイク・ジョーンズ

 『マルコビッチの穴』を作った同監督の自伝ともいうべき、またまた変ちくりんな映画である。
 それにしても主演のニコラス・ケイジが、性格の正反対の双子役を、1人2役で上手に演じていたのが印象的であった。ただ前半のストーリーは、ありきたりの日常を淡々と描いているだけで、地味で『退屈きわまりない状態』が延々と続くのでご注意。

 ところが後半になって話が急展開し、何故か急にアクション映画へとチェンジしてしまうのである。この変わり様には、ちょっとついてゆけないし、前後の繋がりにも違和感を感じてしまうだろう。
 またせっかくはまり役のインテリ女史を演じていたメリル・ストリーブを、後半であそこまで貶めたのも許せない気がする。

 同じ変な作品でも『マルコビッチの穴』は、一風変わった味のある面白い映画であった。しかしながら本作のほうは「大いなる駄作」のような気がしてたまらないのは私だけであろうか。

下記のバナーをクリックするとこの記事の人気度を確認できます↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« タイムマシンの殺人 | トップページ | 浪人街 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/59759625

この記事へのトラックバック一覧です: アダプテーション:

« タイムマシンの殺人 | トップページ | 浪人街 »