« OUT | トップページ | はじまりのうた »

2015年3月21日 (土)

21g

★★★

製作:2003年 米国 上映時間:124分 監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ

 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督の『21g』を観ました。
 かなりへビーで暗い作品で、かつ2つの時間がバラバラに切り刻まれて、逆廻りしたりするので中盤まで、さっぱり訳が分からないまま展開してゆくのです。このあたりは『メメント』というより『アレックス』と似ていますね。

 またハンディカメラでの撮影のようで、ザラザラと映像がどぎついために、出演者全員の顔が全て汚くみえました。
 最後に『人は死ぬと21g軽くなる』というナレーションが入るのですが、魂の重さが、チョコバー1本の重さということなのでしょうか。
 いずれにしても何を言いたいのか、良く判らない作品でした。唯一ナオミ・ワッツのヌードとセックスシーンだけは、かなりドキドキものであります。

 同監督の『アモーレス・ペロス』は秀作でしたが、本作(21g)ではカメラワークとフィルム編集に凝りまくっただけで、ストーリーとテーマが全くスウィングしていません。タランティーノの『ジャッキーブラウン』も観ましたが、今ひとつでした。タランティーノが未だに『パルプ・フィクション』を超えられないように、アレハンドロ・ゴンザレスも当面は『アモーレス・ペロス』を超えられないのでしょうか。

下記のバナーをクリックするとこの記事の人気度を確認できます↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« OUT | トップページ | はじまりのうた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/59351651

この記事へのトラックバック一覧です: 21g:

« OUT | トップページ | はじまりのうた »