« her/世界でひとつの彼女 | トップページ | 21g »

2015年3月18日 (水)

OUT

★★★

製作:2002年 日本 上映時間:119分 監督:平山秀幸

 弁当工場で働くフツーの主婦4人が、殺害した死体を出刃包丁で切り刻んで始末するという、世にも恐ろしいお話であります。
 また自宅の風呂場で切断された死体が、いやにリアルで気味が悪かったですね。普通なら吐き気のする樣な映画なのですが、コミカルタッチに描くことにより、そのおぞましさを中和することに成功していたと思います。
 役立たずの室井滋をキャスティングしたのも、そのあたりの効果を狙ったのだと思えば納得出来ますね。しかしこの映画の中で一番光っていたのは、なんと言っても「原田美枝子」でしょう。しっかり者で、どことなく影のある『可愛い女』を見事に演じ切っていました。

 かつて僕の中では、余り評価の高くなかった原田美枝子でしたが、この作品によって、かなりポイントアップしました。そして「女いぶし銀」の賠償美津子も、落ち着いた渋い演技で良い味を出していましたね。
 ただ中途半端なラストシーンには、いろいろと疑問が残りました。何故原田1人で旅立たなかったのか分からない。もし4人が主役だからと言うのなら、なぜ賠償美津子を取り残すストーリーにしてしまったのだろうか。

下記のバナーをクリックするとこの記事の人気度を確認できます↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« her/世界でひとつの彼女 | トップページ | 21g »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/59313610

この記事へのトラックバック一覧です: OUT:

« her/世界でひとつの彼女 | トップページ | 21g »