« 3D映画は生き残れるのか | トップページ | ラストサマー »

2015年2月11日 (水)

さよなら歌舞伎町

★★★☆

製作:2014年 日本 上映時間:135分 監督:廣木隆一

Bybykabuki
 新宿・歌舞伎町にあるラブホテルを舞台にして、様々な事情を抱えた人々の長い長い一日を描いた群集劇である。
 主演は一流ホテルマンを目指しながらも、うらぶれたラブホテルの店長として働いている徹を演じた染谷将太。なんと彼は、従来のイメージを覆したような演技派に変貌していた。

 また表向きのヒロインは、徹と同棲している恋人・沙耶(前田敦子)となってはいるのだが、余り存在感が感じられない。と言うのも、他の女優たちが全裸になって大熱演しているのに、前田は濡れ場ゼロで下着姿にもなっていないし、登場時間も少ないからである。一体彼女は何のためにこの映画に出演したのだろうか。単なる客寄せパンダなのだろうか。

 この作品では主人公カップル、時効間近の指名手配カップル、韓国人カップル、刑事の不倫カップル、ジゴロと家出少女、AV女優など様々な人々が登場する。だがなんといってもデリヘル嬢の韓国女性ヘナを演じたイ・ウンウの大熱演が、一番光っていたのではないだろうか。また不倫中にさえも、仕事中毒者を発揮する女刑事役を演じた河井青葉の熱演にも拍手をおくりたい。

下記のバナーをクリックするとこの記事の人気度を確認できます↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« 3D映画は生き残れるのか | トップページ | ラストサマー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/58899316

この記事へのトラックバック一覧です: さよなら歌舞伎町 :

« 3D映画は生き残れるのか | トップページ | ラストサマー »