« ジャージー・ボーイズ | トップページ | 不機嫌なママにメルシィ! »

2014年10月 3日 (金)

キック・アス/ジャスティス・フォーエバー

★★★

製作:2013年米国 上映時間:103分 監督:ジェフ・ワドロウ

Kickus
 基本的にシリーズものの続編は観ないことにしているのだが、前作が余りにも面白かったため、DVDならいいだろうと考えレンタルしてしまった。まあそれなりに面白かったものの、やはり前作と比べるとかなりトーンダウンと言うか、インパクトに欠けてしまったのは否めない。これは監督が替わったためなのか、あるいは続編の定めなのだろうか。

 当然続編のため、脚本中の観衆だけではなく、映画を観ている観客にとっても、主役のキック・アスに対しては全く新鮮味が沸かない。それに何と言っても、ヒットガールを演じているクロエ・グレース・モレッツが、小学生から高校生に成長してしまったこともマイナス要因である。
 成長した彼女はとても魅力的で、まさに蛹から蝶に脱皮仕掛けているようなフェロモンをまき散らしているように感じた。だが前作が好評だったのは、小学生の小さな女の子が、大人を相手に超過激アクションをこなしていたからに他ならない。自然の摂理とは言え、それが消失してしまったのだからインパクトが消失したのは仕方ないだろう。

 また続編によくあるスケールの大きさを求め、ヒーローたちを多発し過ぎたため、逆にその存在感が希薄になってスケールが小さく感じてしまったという皮肉を感じたのは私だけであろうか。ただどうしようもないヒーローたちの中で、マザーロシアの存在感だけは群を抜いていたね。だがなぜ彼女があそこまで強くて残虐なのかの説明がないのが残念である。

 いずれにせよ、余り意味のない配役が多過ぎるし、下品で残酷なシーンの多発もいただけない。ましてや簡単に人が殺されてしまうとういう命の安さを描きながら、諸悪の根源のような極悪人がしつこく生き残るというのも共感出来ない。たぶんさらなる続編を意識してのことだろうと感じたが、もう決してこのシリーズを観ることはないだろう。

下記のバナーをクリックするとこの記事の人気度を確認できます↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« ジャージー・ボーイズ | トップページ | 不機嫌なママにメルシィ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/57562138

この記事へのトラックバック一覧です: キック・アス/ジャスティス・フォーエバー:

» キック・アス/ジャスティス・フォーエバー★★★ [パピとママ映画のblog]
美少女暗殺者を演じたクロエ・グレース・モレッツが注目を浴びた前作の続編として、キック・アス、ヒット・ガールらがヒーロー軍団を結成し悪党と戦うアクション。前作でマフィアの父親を殺されたレッド・ミストが悪党マザー・ファッカーを名乗り、キック・アスやヒット・...... [続きを読む]

受信: 2014年10月 5日 (日) 00時48分

» 『キック・アス/ジャスティス・フォーエバー』に登場しないのは? [映画のブログ]
 続編を作るなら前作よりもスケールアップさせなくちゃ、と作り手の多くは考えるのだろう。  その常套手段の一つが、登場するキャラクターの数を増やすことだ。  ヒーローとして行動しようと孤軍奮闘する少年デイヴを描いた『キック・アス』も、続編『キック・アス/ジャスティス・フォーエバー』ではヒーロー軍団と悪人軍団の集団戦に発展した。  キック・アスに扮したデイヴは、 スターズ・アンド・スト...... [続きを読む]

受信: 2014年10月11日 (土) 21時43分

» キック・アス/ジャスティス・フォーエバー [だらだら無気力ブログ!]
非常に面白かったけど、前作には劣る。 [続きを読む]

受信: 2014年10月23日 (木) 13時04分

» 「キック・アス/ジャスティス・フォーエバー」 [ここなつ映画レビュー]
言わずと知れた名作「キック・アス」の続編である。B級にも関わらず、ごっつ名作だった「キック・アス」。アメコミの馬鹿馬鹿しさと童貞男子の切なさとヒット・ガールの可愛さに、メロメロになったものだ。口コミが口コミを呼んでヒット作品となった記憶がある。しかしこの「キック・アス/ジャスティス・フォーエバー」。何なのだろう。単なるB級になってしまった。いや、B級にもならなかったかも。少女が大人になり、ヒット・ガールのアクションがほぼ封印され、あの胸張り裂ける哀しく切ない展開が全くなかったのだから、それも然り。旨... [続きを読む]

受信: 2014年11月 6日 (木) 12時54分

« ジャージー・ボーイズ | トップページ | 不機嫌なママにメルシィ! »