« 誰よりも狙われた男 | トップページ | 4人の食卓 »

2014年10月29日 (水)

女帝

 週刊漫画TIMES誌に1997年から連載され、その後単行本として全24巻が発売された大人向けのマンガ。原作が倉科遼、絵のほうは過去に青柳裕介のアシスタントを経験したことのある和気一作である。

 まずはストーリーの流れをざっと追ってみよう。
 主人公の立花彩香は、熊本でスナックを営む母親が病気で倒れたため、高校を中退して単身大阪に出る。ミナミのクラブ「エレガンス」のホステスになり、あっという間にNO1となる。
 さらには、自分と母を捨てた見知らぬ父親や、権力を振りかざして自分たちを踏みにじった人々への復讐のため、女の武器を生かして日本一の女帝をめざすことを決意して銀座へ進出することになる。

 そして彩香は、政治家、ヤクザ、作家、経営者など数々の有力者のコネクションを築き、名実ともに女帝への階段を登ってゆく。それまでの事件や女同士の戦いと恋愛を、業界の裏話などを交えながら綿密にかつ執拗に描いている。

 大人コミックとしては珍しいほど、のちにTVドラマや映画になるほど大ブレークしたものである。さらに彩香の娘である明日香が、母親に対抗し家出し、舞妓・芸妓の世界で「女帝」を目指という続編『女帝 花舞』全28巻が発表される。
 こちらは京都の舞妓や芸妓の世界を描きながら、政治家とヤクザの抗争を中心に話が展開してゆく。『女帝』ではかなりハードなヌード描写やセックスシーンが多かったため、続編ではそれを自粛してか、各所にボカシを多用するようになってしまった。

 それはそうと原作者の倉科遼という人、昔は司敬という名前で自らマンガを描いていた、と言えば古いマンガファンなら、「あの司敬か」ということになるだろう。いずれにせよネオン街とヤクザの世界に、かなり詳しい知識を持っている作家である。

下記のバナーをクリックするとこの記事の人気度を確認できます↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« 誰よりも狙われた男 | トップページ | 4人の食卓 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/57827769

この記事へのトラックバック一覧です: 女帝:

« 誰よりも狙われた男 | トップページ | 4人の食卓 »