« バツイチは恋のはじまり | トップページ | キック・アス/ジャスティス・フォーエバー »

2014年9月29日 (月)

ジャージー・ボーイズ

★★★★

製作:2014年米国 上映時間:134分 監督:クリント・イーストウッド

4j
 クリント・イーストウッド監督の最新作は、これまでの作品とはかなり毛色の異なる作品であった。なんとビートルズ以前に最も人気を誇ったアメリカのポップスグループであるザ・フォー・シーズンズの栄光と闇の部分を、数々の名曲と共に紡いでゆくサクセスストーリー仕立てのヒューマンドラマなのである。

 ザ・フォー・シーズンズをザ・ビートルズに例えると、フランキーとボブの天才二人が、ポールとジョンで、ニックとトミーがリンゴとジョージと言ったところであろうか。途中仲間割れやトミーをこき下ろしたものの、最後は優しく4人が集結し復活するという暖かさも忘れていなかった。
 それにしても、全く異なる性格を持つメンバー4人の個性を、実に巧く描いているし、俳優たちもそれを見事に演じ切っているところが素晴らしい。また「シェリー」や「君の瞳に恋してる」、「恋のヤセ我慢」など懐かしいヒット曲のオンパレードも実に楽しかったね。

下記のバナーをクリックするとこの記事の人気度を確認できます↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« バツイチは恋のはじまり | トップページ | キック・アス/ジャスティス・フォーエバー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/57523331

この記事へのトラックバック一覧です: ジャージー・ボーイズ:

» ジャージー・ボーイズ ★★★★ [パピとママ映画のblog]
「ミリオンダラー・ベイビー」「グラン・トリノ」の名匠クリント・イーストウッド監督が、1960年代に世界的な人気を誇った伝説の米ポップスグループ「ザ・フォー・シーズンズ」と、その代表曲として知られる「君の瞳に恋してる(Cant Take My Eyes Off You)」の誕...... [続きを読む]

受信: 2014年9月29日 (月) 16時33分

» 『ジャージー・ボーイズ』 (2014) / アメリカ [Nice One!! @goo]
原題: Jersey Boys 監督: クリント・イーストウッド 出演: ジョン・ロイド・ヤング 、エリック・バーゲン 、マイケル・ロメンダ 、ビンセント・ピアッツァ 、クリストファー・ウォーケン 試写会場: 一ツ橋ホール (2014年9月27日公開) 公式サイトはこちら...... [続きを読む]

受信: 2014年9月30日 (火) 05時55分

» ジャージーボーイズ 君の瞳に恋してる [まぜごはん]
昨日は無事「ジャージーボーイズ」を観に行くことができました。 公式HP ミュージカルの舞台をクリント・イーストウッド監督が映画化したものだそうです。 舞台の公式Hp 1951年。町を出るには入隊するか、ギャングになるか、有名になるかしかないニュージャ...... [続きを読む]

受信: 2014年10月 1日 (水) 20時16分

» 『ジャージー・ボーイズ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ジャージー・ボーイズ」□監督 クリント・イーストウッド□脚本 マーシャル・ブリックマン、リック・エリス□キャスト ジョン・ロイド・ヤング、エリック・バーゲン、マイケル・ロメンダ        ビンセント・ピアッツァ、クリスト...... [続きを読む]

受信: 2014年10月 7日 (火) 12時50分

» ジャージー・ボーイズ [to Heart]
原題 Jersey Boys 上映時間 134分 監督/製作 クリント・イーストウッド 脚本/ミュージカル版脚本 リック・エリス 出演 ジョン・ロイド・ヤング/エリック・バーゲン/マイケル・ロメンダ/ヴィンセント・ピアッツァ/クリストファー・ウォーケン/マイク・ドイル/レネー・マリ...... [続きを読む]

受信: 2014年10月 8日 (水) 19時13分

» 『ジャージー・ボーイズ』はミュージカルじゃない [映画のブログ]
 ひどくチグハグな取り合わせに思えた。  『ジャージー・ボーイズ』は1960年代に数々のヒットを飛ばした伝説のグループ、ザ・フォー・シーズンズをモデルにしながら、虚構を交えた実録物だ。しかも原作はトニー賞受賞のブロードウェイ・ミュージカル。華やかなステージ、心躍るヒット曲、波乱に満ちた成功物語だ。  そんな作品を、よりによってクリント・イーストウッドが監督するとは!?  アクション大作...... [続きを読む]

受信: 2014年10月11日 (土) 20時59分

» 映画『ジャージー・ボーイズ』 [健康への長い道]
 クリント・イーストウッド監督の新作『ジャージー・ボーイズ』を新宿ピカデリーで。元は同名タイトルの人気ブロードウェイ・ミュージカルです。  ビートルズ以前、1960年代に世界を席巻した人気グループ、フォーシーズンズの歩みを基にした作品だそうです。ちなみにミ…... [続きを読む]

受信: 2014年10月18日 (土) 21時55分

» [☆☆☆☆★][映画]「ジャージー・ボーイズ」感想 [流浪の狂人ブログ〜旅路より〜]
 60年代、世界中で人気を博した音楽グループ「フォー・シーズンズ」の結成から解散までを脚色、トニー賞を受賞したジュークボックス・ミュージカルを、名匠クリント・イーストウッド監督が映画化。 はっきり言って上手い、上手すぎる。御年84歳とは思えない、溌剌さと... [続きを読む]

受信: 2014年11月 5日 (水) 19時16分

» ジャージー・ボーイズ [C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜]
ジャージー・ボーイズ 14:米 ◆原題:JERSEY BOYS ◆監督:クリント・イーストウッド「インビクタス 負けざる者たち」「グラン・トリノ」 ◆出演:ジョン・ロイド・ヤング、エリック・バーゲン、マイケル・ロメンダ、ヴィンセント・ピアッツァ、クリストファー・ウォ...... [続きを読む]

受信: 2014年11月13日 (木) 23時07分

» 「ジャージーボーイズ」 [ここなつ映画レビュー]
クリント・イーストウッドの作品だからといって、そう簡単にはヤラレないぞ、単純に心をノックアウトされたりしないぞ、と決意を持って鑑賞。結果は…又してもノックアウトされてしまいました。決して贔屓目なく。これまでのノックアウトとは違ってじわじわとくる…。青春の思い出の曲で洋楽トップを二つ挙げろと言われたら、それはもう色々あって決め兼ねるけど、シチュエーションや環境やその時の風景、正に起こった事、などを重ね合わせると、私にとってはそれはジョン・レノンの「ハッピー・クリスマス」とこの作中クライマックスの「君の... [続きを読む]

受信: 2014年12月17日 (水) 12時38分

» ジャージーボーイズ [映画に耽溺]
「2009年のなにかの統計で見たんだけどさ」 「なによ、いきなり」 「日本人が映画館に出かけて映画を観る回数って年に1度なんだって~~~」 「あら~~そうなの??」 「うん。」 「でもさ今はDVDとかブルーレイとか通信回線でってのもあるしおウチでご覧にな…... [続きを読む]

受信: 2014年12月25日 (木) 15時34分

» 映画:ゴーン・ガール Gone Girl  演出、キャステイング、音響ともにパーフェクト、で、... [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
監督は、デヴィッド・フィンチャー。 フィンチャーといえば、「セブン」「ソーシャル・ネットワーク」「ドラゴン・タトゥーの女」とか… ヤバい作品ばかり! 映画ではないが、彼制作の House of Cards 野望の階段 シーズン2 を英語版でじわじわ視聴中。  自分はあまり...... [続きを読む]

受信: 2015年1月 1日 (木) 19時56分

» 『ジャージー・ボーイズ』 ~光と影が映し出す人生賛歌~ [偏愛映画自由帳]
2014年/アメリカ/134分 監督:クリント・イーストウッド 出演:ジョン・ロイド・ヤング    ヴィンセント・ピアッツァ    エリック・バーゲン    マイケル・ロメンダ    クリストファー・ウォーケン ■概要 原題は『Jersey Boys』。トニー賞受賞の同名ミュージカルを映画化した、アメリカ製作による2014年の伝記ミュージカルです。監督はミュージカル初挑戦...... [続きを読む]

受信: 2015年2月11日 (水) 20時41分

» また新たなイーストウッドの鮮やかな [笑う社会人の生活]
18日のことですが、映画「ジャージー・ボーイズ」を鑑賞しました。 ニュージャージー州の貧しい町で生まれ育った4人の青年たちは掃きだめのような場所から逃れるために歌手を目指す。 コネも金もないが天性の歌声と曲作りの才能、そして最高のハーモニーがあった 彼らは...... [続きを読む]

受信: 2015年3月 4日 (水) 23時49分

» ジャージー・ボーイズ [のほほん便り]
60年代ポップって、明るく軽快で、ハッピーな、ちょっとのんびりした親しみやすい印象だったのですが、このような背景があったとは! 特に、「金もコネもない者が町から逃げ出すには、軍隊に入るかギャングになるしかなかった」境遇の、ヤンチャ時代エピソードには、びっくり。 印象として、ブレイクするまでがタメの時間で、それ以降のサクセス・ストーリーがサクサクで、キラ星のごとき、ヒットナンバーをバックに、小気味よかったです。 でも、当然、売れて以降の苦悩もお約束だけど、そのベタさがヨカッタかも。 ... [続きを読む]

受信: 2016年3月 8日 (火) 13時08分

« バツイチは恋のはじまり | トップページ | キック・アス/ジャスティス・フォーエバー »