« 友よ、さらばと言おう | トップページ | 蝉しぐれ »

2014年9月 3日 (水)

ホットロード

★★★

製作:2014年 日本 上映時間:119分 監督:三木孝浩

Hotroad
 原作は30年近く昔の少女マンガらしい。そのためだろうか、小学生を連れた女性たちが多かった。多分彼女たちが青春時代に読んで感動したマンガなのだろう。
 しかし子供が観て楽しい映画ではない。それで退屈した子供たちが行ったり来たりでうるさくてたまらなかった。考え過ぎかもしれないが、もしかするとこの子供たちを連れてきたのは、もと不良少女だったヤンママたちなのかもしれない。それならばこの映画の主人公そのものなので、思い切り感情移入したことだろう。

 映像が美しく、尾崎豊の主題曲も素晴らしい。また映画初出演で準主役の春山を演じた登坂広臣は、久々に存在感のある新人男優である。ただ俳優たちの実年齢と演じている年齢がかなり乖離しているため、どうしても違和感を感じてしまうのだ。それに現在NHKの朝ドラで花子の夫を演じている鈴木亮平が暴走族の総長役で登場した時には、思わず失笑してしまった。

 また主役の能年玲奈は、朝ドラ『あまちゃん』のイメージが強過ぎて、不良少女のイメージが沸かないし、相変わらずのセリフ棒読み状態には、ちょっと疲れてしまったね。もっとも彼女の魅力は、その素人ぽいところなのかもしれないのだが・・・。それにしても21歳で中学生役は、いかに童顔の彼女でもちょっと無理があるのではないだろうか。

 原作が少女マンガとはいえ、単なるラブストーリーではない。母子家庭における母と娘の葛藤がテーマであるヒューマンチックなお話なのである。
 ただ概ね2時間以内という制限のある映画では、十分なストーリー構成が出来なかったようだ。母と父との結婚の経緯や、母の苦悩などもパスされているし、総長が交代することになった理由もほとんど触れていない。だから原作を知らない人には、焦点ボケとなってしまう可能性があるのだ。

 またもっと言えば、暴走族同士の抗争についても、余りその背景が描かれていないし迫力不足である。そしてクライマックスの最終戦争でも、何事もなく総引き揚げとあっさりし過ぎている。まあアクション性の薄さは、少女マンガの限界ということで、これ以上追及するのはやめよう。いずれにせよこの作品は、映画より連続テレビドラマ向きと言えないだろうか。
 

最後に下記のバナーをクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« 友よ、さらばと言おう | トップページ | 蝉しぐれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/57263661

この記事へのトラックバック一覧です: ホットロード:

» ホットロード ★★★.5 [パピとママ映画のblog]
1980年代に若者の圧倒的な支持を集めた紡木たくによる少女コミックを、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」でブレイクした能年玲奈主演で実写映画化した青春ドラマ。原作者の紡木たくが脚本を監修し、母から愛されず行き場のない不安を抱える孤独な14歳の少女と、刹那的に生...... [続きを読む]

受信: 2014年9月 3日 (水) 13時00分

» ホットロード [単館系]
ホットロード MOVIXさいたま 8/16公開 母から愛されず、自分が誰からも必要とされていないと心を痛める14歳の 宮市和希(能年玲奈)は、学校で周囲と打ち解けられず孤独を抱えていた。 そんなある日、不良の春山洋志(登坂広臣)と出会い、彼らの世界に自らのよりどころを 見いだすようになる。 少しずつ洋志に惹(ひ)かれていく和希だったが、Nightsのリーダーとなった洋志は反目し...... [続きを読む]

受信: 2014年9月 4日 (木) 23時33分

» ホットロード [C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜]
ホットロード 14:日本 ◆監督:三木孝浩「陽だまりの彼女」「僕等がいた 前篇後篇」 ◆出演:能年玲奈、登坂広臣、木村佳乃、小澤征悦、鈴木亮平、太田莉菜、竹富聖花、落合モトキ、山田裕貴、鷲尾真知子、野間口徹、利重剛、松田美由紀、野替愁平、遠藤雄弥 ◆ST...... [続きを読む]

受信: 2014年10月14日 (火) 20時57分

» ホットロード [いやいやえん]
【概略】 孤独な14歳の少女・宮市和希は、夜の湘南で出会った「Nights(ナイツ)」という不良チームの少年・春山洋志に惹かれていくが…。 ラブストーリー 紡木たく原作漫画の実写版です。なんとなーく、一時期流行していた「らしい」いわゆる暴走族・不良系の作品かなー(主人公はまた紛れもなく工藤静香か?)みたいなイメージを勝手にもっていたので原作読んでません。ちょっと違ったね。 母親からのネグレクトで孤独に苛まれる和希と不良チームの春山が出会い、お互いの傷を埋めあうような関係性を保って... [続きを読む]

受信: 2015年3月 3日 (火) 09時15分

« 友よ、さらばと言おう | トップページ | 蝉しぐれ »