« ママはレスリング・クイーン | トップページ | トモダチごっこ »

2014年8月16日 (土)

STAND BY ME ドラえもん

★★★★

製作:2014年 日本 上映時間:95分 監督:八木竜一、山崎貴

Doraemon
 藤子・F・不二雄生誕80周年記念作品として製作され、シリーズ初の3DCGで『ドラえもん』を再構築した作品である。従ってかつての名作を繋ぎ合せているため、ストーリーにオリジナリティーが欠けているという批判もあるようだ。
 だが3DCGの映像は、まるで最近のディズニーアニメのように洗練されており、映画館の大スクリーンで観る価値は十分に高い。また見方を変えれば、つぎはぎなストーリーをよくここまでまとめて、大人の鑑賞にも耐えられ総括的な作品に創りあげたものだと評価しても良いだろう。さすが『ALWAYS 三丁目の夕日』の山崎貴氏が手がけた脚本である。

 ただSFとしての発想がかなり甘い。そもそものび太の結婚相手を替えるために、曾孫がドラえもんを現代に送り込んだということ自体があり得ない。つまり結婚相手が替われば、その曾孫は誕生しないわけで、タイムマシンで過去に来ることも出来ないはずだからである。
 また現代(と言っても昭和時代?)から15年後に街中空を飛ぶ乗り物だらけというのも飛躍し過ぎているではないか。せっかく大人にも楽しめる作品を目指したのだから、そのあたりの矛盾が起こらないような設定が必要だったのではないだろうか・・・。
 まあいずれにせよ、ドラえもんのアニメを観てこれほど泣けるとは思わなかった。映画が終わって、隣に座っていた小さな子が、「面白かったね」と親に話しかけているのを聞いて、やっぱり良い映画だったんだと感じざるを得なかったのも確かである。

最後に下記のバナーをクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« ママはレスリング・クイーン | トップページ | トモダチごっこ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/57096675

この記事へのトラックバック一覧です: STAND BY ME ドラえもん:

» 『STAND BY ME ドラえもん(3D)』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「STAND BY ME ドラえもん」 □監督 八木竜一、山崎 貴□脚本 山崎 貴□原作 藤子・F・不二雄□キャスト(声) 水田わさび、大原めぐみ、かかずゆみ、木村 昴、関 智一■鑑賞日 8月8日(金)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★...... [続きを読む]

受信: 2014年8月16日 (土) 22時53分

» STAND BY ME ドラえもん ★★★★ [パピとママ映画のblog]
藤子・F・不二雄原作で国民的アニメであるドラえもんのシリーズ初となるCGアニメ。『friends もののけ島のナキ』などの八木竜一と『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズなどの山崎貴が共同でメガホンを取り、珠玉のストーリーもさることながら、ミニチュアで制作した背景にCGの...... [続きを読む]

受信: 2014年8月17日 (日) 16時49分

» No.390 STAND BY ME ドラえもん [気ままな映画生活]
「ドラえもん」シリーズ初の3DCGアニメーション。原作から厳選されたエピソードを再構成し、ドラえもんとのび太の出会いから別れまでを描いた。何をやらせても冴えない少年のび太の ... [続きを読む]

受信: 2014年8月17日 (日) 18時57分

» [映画][☆☆☆★★]「STAND BY ME ドラえもん」感想 [流浪の狂人ブログ〜旅路より〜]
 日本を代表する国民的テレビアニメを、原作者藤子・F・不二雄生誕80周年記念作品として、「friends もののけ島のナキ」の八木竜一×山崎貴監督で3DCG映画化。 良くも悪くも、まったく普通の「ドラえもん」。正直それ以上の言いようがないので、これより他に書く事が... [続きを読む]

受信: 2014年8月19日 (火) 20時12分

» STAND BY ME ドラえもん [だらだら無気力ブログ!]
3DCGのドラえもんは意外に良かった。 [続きを読む]

受信: 2014年8月19日 (火) 21時48分

» 映画:STAND BY ME ドラえもん あのラストまでが完璧に再現され 思わず(涙) [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
すべての子ども体験者のみなさんへ。 このコピー一言に尽きる。 子ども時代に読んだ、あのドラえもんが3次元で動く! 数々の未来の道具が登場する! のび太をはじめとするキャラが活き活き動く! そして.... 間違いなく誰もが泣かされた、あのラストまでもが美し...... [続きを読む]

受信: 2014年8月22日 (金) 17時59分

» STAND BY ME ドラえもん [いやいやえん]
【概略】 冴えない少年・のび太の前に、22世紀からやって来たのび太の孫の孫・セワシと、ドラえもんが現れ…。 CGアニメ 3DCGで制作されたドラえもんの劇場版。 ドラえもんの中でも感動作(出会いと別れ、結婚前夜など)を数話合体して一本の作品としたので、確かに泣ける話にはなっている。だって、原作漫画で泣けるエピソードだもの、よっぽど変じゃない限り感動して当たり前。 目にした事のあるシーンばかりで、その意味での目新しさはないものの、原作の良さを守ったという意味では、ベターだけれどこ... [続きを読む]

受信: 2015年2月 5日 (木) 09時38分

» STAND BY ME ドラえもん [銀幕大帝α]
2014年 日本 95分 ファンタジー/ドラマ/ファミリー 劇場公開(2014/08/08) 監督: 八木竜一 『friends もののけ島のナキ』 山崎貴 『ALWAYS 三丁目の夕日64』 絵コンテ: 八木竜一 原作: 藤子・F・不二雄 脚本: 山崎貴 主題歌: 秦基博「ひまわ...... [続きを読む]

受信: 2015年3月12日 (木) 17時20分

« ママはレスリング・クイーン | トップページ | トモダチごっこ »