« ゴジラへの熱き思い | トップページ | All You Need Is Kill(小説) »

2014年8月 4日 (月)

GODZILLA ゴジラ

★★★☆

製作:2014年 米国 上映時間:123分 監督:ギャレス・エドワーズ

Godzila
 ハリウッドでゴジラ映画を創ったのは初めてではない。1998年にローランド・エメリッヒ監督によって製作されているのだが、その造形が大トカゲのようで、日本のゴジラファンからは「こんなのはゴジラじゃない」という声が頻発され不評の洗礼を受けてしまった。しかし造形は異なったものの、パニック度や生物感の秀逸さには、さすがハリウッドのVFXと唸ってしまったものである。

 だが今回の作品については、少なくともその造形や動作については、かなり日本のゴジラに近づいており、前回文句を言っていた日本のゴジラファンの多くも一応は納得しているようだ。とは言っても、相変わらず迫力が足りないとか、水爆に対するメッセージが薄いとか、果てはゴジラの登場シーンが少ないと、思い込み風の文句を垂れている輩もいる。まあ個人の趣向の問題だから、いろいろな意見があっても良いと思うが、この作品は「日本のゴジラ」ではなく、「ハリウッドのGODZILLA」なのだということを忘れないで欲しい。

 ハリウッド映画の市場規模は日本の映画の何十倍もあり、それを観ている人の数は邦画を観ている人の数とは比べ物にならない。従って映画がエンターティンメントであり、かつより多くの興行収益を目標としている限り、一部の日本人観客の希望に沿えなくとも、その他全世界の絶対的多数に及ぶ観客たちの期待を裏切る訳にはゆかないのは自明の理であろう。従ってそれを念頭に置きながら、冷静な心持ちでこの映画のレヴューを書こうではないか。

 さて日本のゴジラ映画と言っても、そのテーマと内容は大きく三つに分類されるはずである。一つ目のグループはゴジラ自体の怖さを強調した「ホラー的パニック映画」であり、僅かに第1作目と第16作の2本だけで、ともにタイトルはシンプルに「ゴジラ」であった。
 二つ目のグループはゴジラが人類の味方になり、悪い怪獣を退治すると言う子供向けのシリーズである。これは青年期から成人期の私にとって、余りにも気恥ずかしくなる内容で、ゴジラ映画から遠ざかる原因となった作品群だ。
 三つ目は平成に入ってからのシリーズで、ゴジラの怖さを描きつつ他の怪獣やロボットとのプロレスバトルを繰り広げるもので、ある程度は大人の鑑賞に堪えられる創り方をしている。つまり二つ目のグループの作品を少年時代に観て、大人になった者たちを対象にしたような感があるのだ。

 このように日本のゴジラでも、その製作された時代や観客ターゲットによって、かなりその作風や造形まで異なっているのだから、ハリウッドが製作したゴジラ映画と日本のゴジラを比較して「こんなのはゴジラじゃない」と叫ぶ論評そのものが余り説得力がないと考える。
 今回のハリウッド製「GODZILLA ゴジラ」の良いところは、絶対に死ない全く生物感のない日本のゴジラと違って、結果的には死ななかったものの、もしかすると死ぬかもしれないと感じさせたし、その動きにも躍動感と生物感が漂っていたではないか。もちろん巨額の製作費をつぎ込んだダイナミックでリアルな映像と音響にも拍手を送りたい。これこそ私が求めていたゴジラ映画であり、本当は東宝にやってもらいたかったのだが、ハリウッドだからこそ実現できたのだろう。

 反面ゴジラとバトルを繰り広げた「怪獣ムートー」の造形がいまひとつ中途半端だった。いまだかつてないSF的な風貌には好感を持てるものの、やはりなんとなく重量感がなくチンケな感が拭い去れなかった。
 それにゴジラの登場理由がはっきりしないし、予定調和という言葉だけで、ゴジラが人類の味方のように描かれているのも説得力がなさ過ぎる。
 また渡辺謙が演じた芹沢博士の存在価値が低過ぎるのも気に入らない。極論すれば渡辺謙は「ゴジラ」と日本語で発音するシーンのためにだけ出演したようなものではないか。

 まあ良い面も悪い面もいろいろあるが、総じていえば怪獣映画としてはかなり頑張ったのではないだろうか。それにしても、前作が総製作費130万円という超低予算のB級怪獣映画だったにも拘わらず、今回は巨額製作費を投入したハリウッド映画を見事に創りあげたギャレス・エドワーズ監督には敬意を表したいものである。

最後に下記のバナーをクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« ゴジラへの熱き思い | トップページ | All You Need Is Kill(小説) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/56985041

この記事へのトラックバック一覧です: GODZILLA ゴジラ :

» GODZILLA ゴジラ(2014) IMAX-3D/アーロン・テイラー=ジョンソン [カノンな日々]
日本が世界に誇る怪獣映画『ゴジラ』のハリウッドによる再リメイク作品です。ローランド・エメリッヒ監督が手がけた1998年の『GODZILLA』があまりに酷い出来で失望させらましたが、今 ... [続きを読む]

受信: 2014年8月 4日 (月) 09時30分

» GODZILLA/ゴジラ(2014)★★★★ヘビー級「ゴジラ対ムートー」 [世事熟視〜コソダチP]
GODZILLA(2014) (ネタバレ有ります) 98年版のハリウッド・ゴジラ(エメリッヒ監督版)と違って、今回のGODZILLAはゴジラっぽくて怖いほど力強かった。(唯一、98年GODZILLAのほうがマシなのは、ゴジラの鳴き声がオリジナルに忠実だったことくらいかな・・・。) 満足度「78点」くらい。(特撮92点、物語39点・・) −◆− ゴジラと怪獣ムートー(雄・メス)との戦いはド迫力。 物語の欠点やツッコミどころを補うに充分の「ヘビー級」の戦いぶりで、ハワイやサンフラ... [続きを読む]

受信: 2014年8月 4日 (月) 09時46分

» GODZILLA ゴジラ [花ごよみ]
  日本が作り出した怪獣『ゴジラ』を、 ハリウッドで映画化。 監督はギャレス・エドワーズ。 出演はアーロン・テイラー=ジョンソン、 ブライアン・クランストン、 渡辺謙も参加。 渡辺謙はゴジラ』の魂を知る 科学者を演じます。 今から15年前、 日本の原子力発電...... [続きを読む]

受信: 2014年8月 4日 (月) 11時49分

» GODZILLA ゴジラ [Akira's VOICE]
ガメラ好きとして満足です!(え?   [続きを読む]

受信: 2014年8月 4日 (月) 17時57分

» GODZILLA ゴジラ ★★★★★ [パピとママ映画のblog]
怪獣映画の傑作として映画史に名を残す『ゴジラ』を、ハリウッドが再リメイクした超大作。突如として出現した怪獣ゴジラが引き起こすパニックと、ゴジラの討伐に挑む人類の姿を壮大なスケールで活写する。メガホンを取るのは、『モンスターズ/地球外生命体』のギャレス・...... [続きを読む]

受信: 2014年8月 4日 (月) 18時36分

» GODZILLA [映画的・絵画的・音楽的]
 『GODZILLA ゴジラ』をTOHOシネマズ渋谷で見ました(3D日本語吹替版)。 (1)怪獣映画ファンでもないのでパスしようと思っていたものの、余りにPRが凄いものですから(注1)、それならと映画館に出かけてみた次第です。  本作のはじめの方では、1999年、研究機関モナ...... [続きを読む]

受信: 2014年8月 4日 (月) 22時08分

» GODZILLA ゴジラ [象のロケット]
1999年に日本で発生した地震・原発事故で妻を亡くしたアメリカ人科学者ジョー・ブロディと、息子で現在は米軍に勤務するフォードは、15年後、昔住んでいた立入禁止区域を訪れ、拘束されてしまう。 そこには密かに研究所が作られており、二人は日本人科学者・芹沢猪四郎博士から協力を求められる。 1999年の地震は、実は巨大な怪獣と関係があったのだった。 日本・ハワイ・そしてアメリカ本土へ、今その怪獣は驚異的な早さで移動していた…。 SF怪獣アクション。... [続きを読む]

受信: 2014年8月 5日 (火) 01時07分

» GODZILLA ゴジラ [だらだら無気力ブログ!]
見応えあって面白かった。 [続きを読む]

受信: 2014年8月 5日 (火) 21時31分

» GODZILLA ゴジラ : 最凶最高のGODZILLA!! [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 舛添東京都知事、何しに某国へ行っているのでしょうか。日本のオリンピックに某国の協力を求めるなんて、どのようなメリットがあるというのでしょうか。こんなことなら、ドクタ [続きを読む]

受信: 2014年8月 6日 (水) 11時30分

» [映画][☆☆☆★★]「GODZILLA ゴジラ」(2014年版)感想 [流浪の狂人ブログ〜旅路より〜]
 言わずと知れた日本を代表する怪獣映画シリーズ「ゴジラ」を、「モンスターズ/地球外生命体」のギャレス・エドワーズ監督、「キック・アス」のアーロン・テイラー=ジョンソン主演でハリウッドリブート。 念のため前置きしておくが、小生は一応特撮ヲタクを自称している... [続きを読む]

受信: 2014年8月16日 (土) 19時12分

» 『GODZILLA』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「GODZILLA」 □監督 ギャレス・エドワーズ□脚本 マックス・ボレンスタイン□キャスト アーロン・テイラー=ジョンソン、渡辺 謙、エリザベス・オルセン、       ジュリエット・ビノシュ、サリー・ホーキンス、デビッド・ス...... [続きを読む]

受信: 2014年8月16日 (土) 22時54分

» 『GODZILLA ゴジラ』 渡辺謙しか口にできないこと [映画のブログ]
 【ネタバレ注意】  「ゴジラはアンチヒーローなんだ。善玉じゃないけれど、悪の化身でもない。」  ゴジラとは何か?  ゴジラ映画を撮る際に作り手が最初に悩むであろうこの質問に、『GODZILLA ゴジラ』のギャレス・エドワーズ監督は上のように答えている。  1954年に誕生して以来、ゴジラというキャラクターはブレ続けてきた。人間を襲う脅威だったり、人間を助けるヒーローだったり...... [続きを読む]

受信: 2014年8月30日 (土) 01時30分

» GODZILLA ゴジラ [C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜]
GODZILLA ゴジラ 14:米 ◆原題:GODZILLA ◆監督:ギャレス・エドワーズ「モンスターズ 地球外生命体」 ◆主演:アーロン・テイラー=ジョンソン、渡辺謙、エリザベス・オルセン、ジュリエット・ビノシュ、サリー・ホーキンス、デヴィッド・ストラザーン、ブライアン・...... [続きを読む]

受信: 2014年9月15日 (月) 21時19分

» GODZILLA ゴジラ(2014) [銀幕大帝α]
GODZILLA 2014年 アメリカ 123分 アクション/アドベンチャー/SF 劇場公開(2014/07/25) 監督: ギャレス・エドワーズ 『モンスターズ/地球外生命体』 出演: アーロン・テイラー=ジョンソン:フォード・ブロディ 渡辺謙:芹沢猪四郎博士 エリザベス・オ...... [続きを読む]

受信: 2015年2月14日 (土) 20時23分

» GODZILLA ゴジラ (Godzilla) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ギャレス・エドワーズ 主演 アーロン・テイラー=ジョンソン 2014年 アメリカ/日本映画 123分 アクション 採点★★★★ ゴジラが原爆や空襲の恐怖を具象化した存在だってことは、今更言うまででもないことですよねぇ。そう考えると、人がどう足掻こうと太刀…... [続きを読む]

受信: 2015年2月21日 (土) 09時22分

« ゴジラへの熱き思い | トップページ | All You Need Is Kill(小説) »