« 47RONIN | トップページ | アップサイドダウン 重力の恋人 »

2014年6月20日 (金)

青天の霹靂

★★★★

製作:2014年 日本 上映時間:96分 監督:劇団ひとり

Seiten
 劇団ひとりが原作、脚本、監督、準主演を手掛けた作品であり、彼の器用さにほとほと感心してしまう作品である。ただ無理もないことなのだが、先の見え過ぎたストーリー展開や、素人ぽいカメラワーク、いつもながらの演技などに、一抹の不安を拭えなかったことも否めない事実ではないだろうか。

 
 お話のほうは、両親を憎みながら自分の人生に嫌気を感じていたマジシャン轟晴夫(大泉洋)が、ある日稲妻に直撃された瞬間、40年前の世界にタイムスリップしてしまうのだ。そこで偶然にもマジシャンをしていた父(劇団ひとり)と母(柴咲コウ)と巡り合い、自分の出生と家族の秘密を知ることになる。
 この手のストーリーではよくある話で、かなり単調な展開なのだが、大泉洋のシリアスな演技力とマジックシーンがなかなか素晴らしく、これらのマイナス面をカバーしていたような気がする。

 本作は、『オーロラの彼方へ』、『地下鉄に乗って』、『イエスタデイズ』、などと同様に、父と息子の葛藤を描いたタイムスリップ映画であり、私の最も好きなテーマをモチーフとした映画でもある。この手の映画に絶対に欠かせないのが、子供だった自分が知らなかった両親の心情が明らかになり、心の底から感動の涙を流させることだ。
 もちろんその王道はきちっと遵守されており、母親との会話には大いに泣かされたが、肝心の父親との絡みでちょっとはぐらかされてしまったのが実に残念であった。これは劇団ひとりの照れ隠しだったのであろうか。

最後に下記のバナーをクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« 47RONIN | トップページ | アップサイドダウン 重力の恋人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/56559368

この記事へのトラックバック一覧です: 青天の霹靂:

» 青天の霹靂 ★★★★.5 [パピとママ映画のblog]
作家や俳優としても活躍する人気お笑い芸人の劇団ひとりが書き下ろした小説を、自らメガホンを取って実写化したヒューマンドラマ。40年前にタイムスリップした売れないマジシャンが、同じマジシャンであった若き日の父とコンビを組み、自身の出生をはじめとする家族の秘密...... [続きを読む]

受信: 2014年6月21日 (土) 19時55分

» 『青天の霹靂』 [cinema-days 映画な日々]
青天の霹靂 自分の惨めさに人生を諦め掛けていた 売れないマジシャンが、雷に打たれ、 40年前の浅草にタイプスリップ、当時の両親に出会う... 【個人評価:★★★ (3.0P)】 (自宅鑑賞) 原作:劇団ひとり... [続きを読む]

受信: 2015年4月13日 (月) 22時58分

« 47RONIN | トップページ | アップサイドダウン 重力の恋人 »