« アップサイドダウン 重力の恋人 | トップページ | チョコレートドーナツ »

2014年6月26日 (木)

ノア 約束の舟

★★★

製作:2014年 米国 上映時間:138分 監督:ダーレン・アロノフスキー

Noa
 旧約聖書に記された「ノアの箱舟」の物語を実写化した超大作で、主役のノアにはラッセル・クロウが扮し熱演している。夢の中で神のお告げを聞き、やがて世界を飲み込むほどの大洪水がやって来ると悟った彼は、巨大な箱舟を建造してあらゆる動物たちを箱舟に乗せてゆく。

 ここまでは聖書に記されている通りであり、かつて『天地創造』というタイトルで1966年に製作された映画でも描かれている。だが今回の作品はかなり暗く、悪人たちの攻撃があったり、ノア自身もかなり頑固で残酷だ。さらに彼女の居ない次男の謀反など、宗教感よりも個人の欲望や戦闘など、娯楽的な部分に力点を置き過ぎた感のある作品に染まってしまい、何となく違和感を感じてしまったのは、決して私一人だけではないはずである。

最後に下記のバナーをクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« アップサイドダウン 重力の恋人 | トップページ | チョコレートドーナツ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/56617968

この記事へのトラックバック一覧です: ノア 約束の舟:

» ノア 約束の舟 (IMAX)/ラッセル・クロウ [カノンな日々]
私が幼少の頃に初めて知った旧約聖書のお話が「ノアの方舟」でした。たぶん物語として絵本やアニメにしやすいから触れる機会があったのでしょう。予告編では初の映画化みたいなこ ... [続きを読む]

受信: 2014年6月26日 (木) 22時04分

» ノア 約束の舟 [心のままに映画の風景]
堕落した人間たちを一掃するため、世界滅亡を意味するような夢を見たノア(ラッセル・クロウ)は、神の啓示と信じ、家族と共に汚れなき生き物たちを守るため箱舟の建設を開始する。 舟の完成が近づくと、どこからともなく生き物たちが次々と舟に乗り込んでくるが、かつてノアの父を殺したカインの子孫であるトバル・カイン(レイ・ウィンストン)が、舟を奪うべく群衆を率いて現われるが…。 旧約聖書“ノ...... [続きを読む]

受信: 2014年6月27日 (金) 23時46分

» ノア 約束の舟 ★★★.5 [パピとママ映画のblog]
旧約聖書の創世記に記された「ノアの箱舟」の物語を実写化した大作。大洪水による世界滅亡を知らされた男ノアとその家族が、ある重大な使命を全うしようと巨大な箱舟の建造に乗り出していく。メガホンを取るのは、『ブラック・スワン』などの鬼才ダーレン・アロノフスキー...... [続きを読む]

受信: 2014年6月28日 (土) 10時26分

» ノア 約束の舟 [だらだら無気力ブログ!]
『ポンペイ』同様、映像は凄くて見応えあった。 [続きを読む]

受信: 2014年6月29日 (日) 16時34分

» ノア 約束の舟 : 原理主義でない方は是非! [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 サッカー・ワールドカップ、始まりました。どちらかといえば野球好きの私ですが、サッカー・ワールドカップの方がWBCより熱くなるのは何なのでしょう。ネイマールが生きた伝説に [続きを読む]

受信: 2014年7月25日 (金) 17時25分

» ノア 約束の舟 [映画的・絵画的・音楽的]
 『ノア 約束の舟』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)予告編を見て興味を持ったので映画館に行ってみました。  本作(注1)のはじめの方では、アダムからノアまでの系譜が辿られた後(注2)、成人したノアに対して父のレメクが「アダムの子孫のお前が仕事を引き継ぐ...... [続きを読む]

受信: 2014年7月28日 (月) 21時40分

» ノア 約束の舟 [いやいやえん]
【概略】 ある夜、ノアは眠りの中で、恐るべき光景を見る。それは、堕落した人間を滅ぼすために、すべてを地上から消し去り、新たな世界を創るという神の宣告だった。大洪水が来ると知ったノアは、妻ナーマと3人の息子、そして養女イラと共に、罪のない動物たちを守る箱舟を造り始める。やがてノアの父を殺した宿敵トバル・カインがノアの計画を知り、舟を奪おうとする。壮絶な戦いのなか、遂に大洪水が始まる……。 史劇・ドラマ ただの宗教映画ではないので、案外と日本人のほうが受け入れやすいのかも。聖書として正... [続きを読む]

受信: 2014年9月17日 (水) 10時36分

» 箱舟のその先は・・・ [笑う社会人の生活]
14日のことですが、映画「ノア 約束の舟」を鑑賞しました。 ノアはある夢を見て それが神のお告げであり世界が大洪水に飲まれ滅びる悟り、家族と共に巨大箱舟を作りを始める しかし、ノアの父を殺した宿敵カインらは力づくで箱舟を奪おうとする争いの最中に大洪水が始ま...... [続きを読む]

受信: 2014年11月24日 (月) 23時09分

» 「ノア 約束の舟」 [ここなつ映画レビュー]
鬼才ダーレン・アロノフスキー監督作品。ダーレン・アロノフスキーは何処へ行こうとしているのだろう?一度何処か遠〜い所へ行ってしまって、ありゃりゃと思っていたのが帰って来て。胸を撫で下ろしたのも束の間、今度は「巨匠」の方へ旅立って行く貴方。素晴らしい作品だった。それは間違いない。映像のスペクタクル、人の弱い心から生まれる葛藤。(勝手に)イメージしていた好々爺とは違うノアの存在感。そう、存在感。ラッセル・クロウの圧倒的な存在感はすごいものがあった。ノアがすごい人物に見えたのは、ノアの苦労や信念やそれに基づ... [続きを読む]

受信: 2015年1月 6日 (火) 12時31分

« アップサイドダウン 重力の恋人 | トップページ | チョコレートドーナツ »