« 刻謎宮 | トップページ | ぼくたちの家族 »

2014年6月 4日 (水)

ブルージャスミン

★★★★

製作:2013年 米国 上映時間:98分 監督:ウディ・アレン

Jasmin
 裕福なマンハッタンのソーシャライトが、夫の逮捕をきっかけに貧しい生活へと落ちていくというストーリーである。一応コメディーということなのだが、ヒロインを気品のあるケイト・ブランシェットが繊細に演じていると、なんとなくシリアスな気分になってくるから不思議である。

 ケイト以外のほとんどの俳優がコメディー俳優で固められているし、ことに性格が真逆な妹の存在が実に軽くてコミカルである。そんな中でケイトだけが浮き上がってしまうという構成は、まさにセレブな夫人と一般人とのギャップを巧みに示唆していると言えよう。きっとケイトを主役に引っ張り出した監督の着眼点も、そこにあったのかもしれない。

 いずれにせよ、今までゴージャスで贅沢な暮らしをしていた女性が、ほとんど無一文になっても過去の栄光を忘れられずに、いつまでもお高く留まり続けているという惨めさや孤独感をひしひしと感じさせる映画なのである。きっと貧富の差が著しいアメリカには、こうした女性がかなり存在しているのだろうな。
 
 それでもラストは、ハッピーエンドなのかと思っていたらとんでもなかった。残酷というか身から出た錆というか、世のセレブ婦人たちへの警鐘だったのだろうか。あのあとヒロインは、一体どうなってしまうのだろうかと気がかりでたまらない。

最後に下記のバナーをクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« 刻謎宮 | トップページ | ぼくたちの家族 »

コメント

>一応コメディーということなのだが
とんでもないcrying...明らかに シリアスドラマでしょうに。
>ほとんど無一文になっても過去の栄光を忘れられずに、いつまでもお高く留まり続けているという惨めさや孤独感をひしひしと感じさせる映画なのである。
この女には、ムカムカですね。何あんたpoutそれが
人と接する態度???こんな態度じゃ 誰も救いの手を差し伸べてはくれんよね。
>残酷というか身から出た錆というか、
完全に身から出た錆でしょう。作品自体はとても良かった。充実してましたが ジャスミンが気持ちを入れ替えて 第二の生活を再出発する心構えがあったなら ここまで落ちぶれることはなかったんじゃないかな。

生活はそこそこでも キチッと就職し、しっかりした男性と一緒になって ひとつ屋根の下で 食事したり 布団一つで寝たり 買い物して基盤を築けたかもしれないのに、それらのチャンスは自分のお高く留まる振る舞いやらで ぜぇ~んぶ逃しちゃったんだから。


投稿: zebra | 2014年7月23日 (水) 11時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/56401283

この記事へのトラックバック一覧です: ブルージャスミン:

» ブルージャスミン [心のままに映画の風景]
ニューヨークでセレブ生活を送っていたジャスミン(ケイト・ブランシェット)は、夫ハル(アレック・ボールドウィン)のビジネスが崩壊し、サンフランシスコに暮らす妹ジンジャー(サリー・ホーキンス)のアパートに身を寄せる。 再出発を図ろうとするものの、質素な暮らしや周りに馴染めず、虚栄心が捨てられない。 神経をすり減らす日々が続いたある日、お金持ちの外交官、ドワイト(ピーター・サースガード...... [続きを読む]

受信: 2014年6月 5日 (木) 17時55分

» ブルージャスミン ★★★★★ [パピとママ映画のblog]
ウディ・アレン監督がケイト・ブランシェットをヒロインに迎え、サンフランシスコを舞台に転落人生の中でもがき、精神を病んでいく姿を描くドラマ。ニューヨークでセレブ生活を送っていたものの夫も財産も失ったヒロインが妹を頼りにサンフランシスコに引っ越し、再生しよ...... [続きを読む]

受信: 2014年6月 6日 (金) 01時00分

» 『ブルージャスミン』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ブルージャスミン」□監督・脚本 ウッディ・アレン□キャスト ケイト・ブランシェット、サリー・ホーキンス、アレック・ボールドウィン、       ピーター・サースガードド、ルイス・C・K ■鑑賞日 5月11日(日)■劇場 10...... [続きを読む]

受信: 2014年6月 6日 (金) 12時36分

» 映画『ブルージャスミン』を観て〜アカデミー賞受賞作品 [kintyres Diary 新館]
14-43.ブルー・ジャスミン■原題:Blue Jasmine■製作年、国:2013年、アメリカ■上映時間:98分■料金:1,800円■観賞日:5月17日、新宿ピカデリー(新宿) □監督・脚本:ウディ・アレン◆ケイト・ブランシェット◆アレック・ボールドウィン◆ボビー・カナヴェイ...... [続きを読む]

受信: 2014年7月13日 (日) 18時17分

» ジャスミンの運命 [笑う社会人の生活]
映画「ブルージャスミン」を鑑賞しました。 資産家ハルと結婚しセレブリティとして裕福な生活を送っていたジャスミンはハルとの生活が破綻し地位も資産も全て失ってしまう。 妹のもとに身を寄せるが過去のセレブ生活にとらわれ神経をすり減らすが、それでも再び華やかな...... [続きを読む]

受信: 2014年11月12日 (水) 06時35分

» ブルージャスミン [いやいやえん]
【概略】 かつてN.Y.セレブリティ界の花と謳われながら、今では結婚生活も資産もすべて失ったジャスミンが、虚言と現実逃避を繰り返し、次第に精神のバランスを崩していく。 ドラマ 「ジャスミンという名前に変えたの ジャネットなんて平凡だもの」 かつてセレブ界の華と謳われたジャスミンは、現在は無一文ながら纏うのはシャネルなどのブランド品ばかり。過去の栄光に浸り、ひたすらに堕ちていく彼女の運命は。 ケイト・ブランシェットさんの独壇場、このジャスミンと言う女性には誰しも共感出来ないと思う... [続きを読む]

受信: 2014年11月18日 (火) 13時04分

» ブルー・ジャスミン [映画に耽溺]
ウディアレンの作品って「知的」とか「サレオツ」とか冠がつくっつうかさ観る人が語りたがるものが多いんだけど それゆえにいやそれだからこそ 「なによ~~~~」って鼻白む部分も多くあって ま、わたくしが「英語が不得意」とか知的ではないとかなにより「ニューヨーカー…... [続きを読む]

受信: 2015年2月23日 (月) 11時43分

« 刻謎宮 | トップページ | ぼくたちの家族 »