« ノア 約束の舟 | トップページ | あいときぼうのまち »

2014年6月28日 (土)

チョコレートドーナツ

★★★☆

製作:2012年 米国 上映時間:97分 監督:トラビス・ファイン

Chokodo
 1970年代、まだ同性愛に対する差別と偏見が根強く残っていた米国での実話をもとに創られた作品である。麻薬に溺れた母親、そしてその母親に育児放棄されているダウン症の少年。
 この少年の隣人であるルディとゲイカップルであるポールは、母親が逮捕されたとき、この少年を保護していたが、一緒に暮らすうちに家族のような愛情を抱くようになる。だがルディとポールがゲイであることがバレ、法律や世間の偏見に阻まれて、少年は彼ら二から無理やり引き離され、再び母親の元に戻るのだが…。

 劇中で、太っているダウン症の少年など、誰も引き取り手がないという会話が挿入されていたが、果たして本当にそうなのだろうか。ではなぜルディとポールは、あれほど少年を引き取りたがったのか、このあたりのくだりに矛盾を感じたのは私だけであろうか。
 いずれにせよ、ルディとポールがどうしてあれほど少年に愛を感じるようになったのか、そのいきさつや心理描写の描き方がかなり不足している気がする。上映時間が97分と短めなので、そのあたりをもう少し掘り下げる時間はあったと思うのだが…。

 ルディを演じたアラン・カミングの演技力は抜群だったし、社会性のあるとても良い映画だと思う。だがいま一つ感情移入出来なかったのは、心理描写や背景の描き方が浅かったこと、あとゲイに対する偏見は全くないのだが、個人的に共感出来ないということが原因かもしれない。

最後に下記のバナーをクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« ノア 約束の舟 | トップページ | あいときぼうのまち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/56634028

この記事へのトラックバック一覧です: チョコレートドーナツ:

» チョコレートドーナツ ★★★★ [パピとママ映画のblog]
1970年代アメリカの実話を基に、母親に見捨てられたダウン症の少年と一緒に暮らすため、司法や周囲の偏見と闘うゲイカップルの姿を描いた人間ドラマ。ゲイであるがゆえに法の壁に阻まれる苦悩を、テレビドラマ「グッド・ワイフ」シリーズなどアラン・カミングと、『LOOPER...... [続きを読む]

受信: 2014年7月 2日 (水) 11時23分

» 映画『チョコレートドーナツ』観たよウゥッ・・・(´;ω;`) [よくばりアンテナ]
やられた・・・・泣き過ぎです。嗚咽をもらしてしまいそうになりました。 帰宅して公式HPなど見て、また思い出して泣いてます(ノ_・、)グスン… きっと、誰かにおすすめしようとして、タイトルを口に出すだけで涙して 笑われてしまう涙腺弱いアラフィフです・・・・ ふとしたきっかけで一緒に暮らすことになった、 ショーダンサーのゲイ・ルディ(アラン・カミング)、 弁護士...... [続きを読む]

受信: 2014年7月13日 (日) 16時33分

» チョコレートドーナツ [C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜]
チョコレートドーナツ 12:米 ◆原題:ANY DAY NOW ◆監督:トラヴィス・ファイン ◆主演:アラン・カミング、ギャレット・ディラハント、アイザック・レイヴァ、フランシス・フィッシャー、グレッグ・ヘンリー、ジェイミー・アン・オールマン、クリス・マルキー、ドン...... [続きを読む]

受信: 2014年8月16日 (土) 23時27分

» チョコレートドーナツ|たった一つの願いは家族になることだった [ミニシアターで映画を]
5!予告観た時に既に泣いちゃって、 本編観た時は覚悟してたのにやっぱり泣いちゃった。 世界の片隅で誰にも気づかれずに存在していた僕たちが家族になった。 誰にも気づかれないちっぽけな存在は尊重されないのか? 誰にも気づかれないちっぽけな存在は存在する価値がないのか? たった一つの願いは家族になることだった。 たった一つの望みは家族になることだった。... [続きを読む]

受信: 2015年1月28日 (水) 15時13分

« ノア 約束の舟 | トップページ | あいときぼうのまち »