« ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う! | トップページ | CUBE »

2014年5月16日 (金)

メビウス

★★★

製作:1998年 米国 上映時間:91分 監督:マイケル・アルメレイダ

 オープニングから階段転落までの男女のからみを描いた映像が、なんとなくファンタジックで美しい。だが祖母を訪ねて故郷へ向かう頃から、なんだかそれまでとは全く異なる展開になってしまう。ここからが急に登場人物が限定的になり、いかにもB級ホラーぽい雰囲気になるからである。

 ヒロインのノーラには、夫に言えない秘密があった。それは不意に訪れる気味の悪いフラッシュバック映像である。それが何を意味しているのか、彼女自身にも全く見当がつかない。
 そのフラッシュバックに導かれるようにして、10年振りに故郷の祖母の家に向かうことになるのである。実はこの映画は、魔女伝説をモチーフとしたホラー映画だという。

 さて広大な祖母の家で、叔父が大切に保存していたのは、2000年前の魔女のミイラだった。そしてその魔女はノーラそっくりで、ノーラの体を奪おうとしていたのである。

 低予算のB級映画にしては丁寧に創られており、ヒロインの演技力もしっかりしているのだが、ストーリー展開に盛り上がりがない。それに加えて男の子役に全然存在感が無いし、ホラーなのに全く怖さを感じないところがかなり残念である。

最後に下記のバナーをクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う! | トップページ | CUBE »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/56214959

この記事へのトラックバック一覧です: メビウス:

« ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う! | トップページ | CUBE »