« CUBE | トップページ | そこのみにて光輝く »

2014年5月25日 (日)

シャーロット・グレイ

★★★★

製作:2001年 英国 上映時間:121分 監督:ジリアン・アームストロング

 第二次大戦中、消息を絶った航空士の恋人を追い、危険を顧みずにスパイとしてフランスへ潜入した美しき女性の話である。
 主演のケイト・ブランシェットは、まるで絵画の中から飛び出た貴婦人のような美しさであった。とにかく余りにも美しく、知的で、包み込まれるような母性愛に、ストーリーなど忘れて、ケイトばかり見つめていたような気がする。

 そんな訳だから、私にとってこの映画は、内容がどうのこうのと言うより、まさにケイトのワンマンショーを夢中で観ているといった趣きであった。たゞひとつだけ心に刺さったのは、女心は、こんなにも移ろい易いものだということだろうか。

最後に下記のバナーをクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« CUBE | トップページ | そこのみにて光輝く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/56307416

この記事へのトラックバック一覧です: シャーロット・グレイ:

« CUBE | トップページ | そこのみにて光輝く »