« LIFE! | トップページ | 妖魔ヶ刻 »

2014年3月28日 (金)

ダラス・バイヤーズクラブ

★★★★

製作:2013年 米国 上映時間:117分 監督:ジャン=マルク・ヴァレ

Dalas
 1980年代には無認可だった「HIV代替治療薬」を密輸販売。藁にもすがりたいHIV患者に特効薬を提供したという、実在の不良カウボーイの半生を映画化した人間ドラマである。彼自身もエイズに侵され、医者に余命30日と診断されたが、ある無免許医からもらった無認可ビタミン剤などのお蔭で、7年間も生き続けたと言う。

 カウボーイのロン・ウッドルーフを演じたのは、「マジック・マイク」や「MUD -マッド-」で好演したマシュー・マコノヒー。なんと彼はこの役を演じるために約21.3kgも減量したと言う。そしてその努力が報われて、第86回アカデミー賞で主演男優賞を受賞したのである。
 またホモのレイヨンを演じたジャレッド・レトーも、抜群の演技力を発揮して同時にアカデミー助演男優賞を獲得している。映画としては、ストーリーよりも、この二人の演技によって支えられたところが大きいのではないだろうか。

 作品としてもなかなか面白く退屈しないのだが、なにを主張したいのかがはっきりしないところが減点対象かもしれない。つまり、エイズ患者に対する福音をもたらすというほど主人公は真面目ではない。また製薬会社と癒着したお役所や医学界への批判ならば、もう少しシリアスにその実態に迫っても良いし、なんだか焦点がぼけているようなところが気になってしまう作品でもあった。

最後に下記のバナーをクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« LIFE! | トップページ | 妖魔ヶ刻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/55548444

この記事へのトラックバック一覧です: ダラス・バイヤーズクラブ:

» ダラス・バイヤーズクラブ [映画的・絵画的・音楽的]
 『ダラス・バイヤーズクラブ』を新宿のシネマカリテで見ました。 (1)今度のアカデミー賞の作品賞などにノミネートされた作品というので見に行ってきました(注1)。  本作の舞台は1985年のテキサス州ダラス。  電気技師の主人公ロン(マシュー・マコノヒー)は、ロ...... [続きを読む]

受信: 2014年3月28日 (金) 19時55分

» ダラス・バイヤーズクラブ [心のままに映画の風景]
1985年、ダラス。 電気工でロデオカウボーイのロン・ウッドルーフ(マシュー・マコノヒー)は、HIV陽性と診断され、余命30日を言い渡される。 アメリカに認可治療薬が少ないことを知ったロンは、代替薬を求めメキシコへ向かい、密輸を試みる。 偶然出会った性同一性障害でエイズを患うレイヨン(ジャレッド・レト)と、国内未承認の薬を販売する「ダラス・バイヤーズクラブ」を設立するが…。 ...... [続きを読む]

受信: 2014年3月28日 (金) 23時23分

» 『ダラス・バイヤーズクラブ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ダラス・バイヤーズクラブ」□監督 ジャン=マルク・ヴァレ □脚本 メリッサ・ウォーラック□キャスト マシュー・マコノヒー、ジャレッド・レトー、ジェニファー・ガーナー ■鑑賞日 3月2日(日)■劇場 ブルグ13■cyazの満足度 ★★★★...... [続きを読む]

受信: 2014年3月29日 (土) 08時11分

» ダラス・バイヤーズクラブ ★★★★★ [パピとママ映画のblog]
1980年代当時無認可だったHIV代替治療薬を密輸販売し、アメリカのHIV患者が特効薬を手にできるよう奔走した実在のカウボーイの半生を映画化した人間ドラマ。HIV陽性と診断されたカウボーイを『マジック・マイク』などのマシュー・マコノヒーが演じ、21キロも減量しエイズ...... [続きを読む]

受信: 2014年3月30日 (日) 21時48分

» 映画『ダラス・バイヤーズクラブ』観てきた〜 [よくばりアンテナ]
やっと、こっちの地方でも公開されて観てきましたよ。 公式HPはコチラ 実話ですし、あらすじはぜひ公式HPで読んでみてくだされ。 ま、正直いうと、主人公がもともとは 女好きで酒好きで、ロデオで賭け事して、負けたらお金持って逃げるっていう クズな男だったので、見続けられるのかと思ったのですが。 主人公ロンが余命宣告されてからの生きることへの執着を見せ始めると、 ...... [続きを読む]

受信: 2014年4月 6日 (日) 19時45分

» 『ダラス・バイヤーズクラブ』のキーワードはこれだ! [映画のブログ]
 油断も隙もありゃしない。  『ダラス・バイヤーズクラブ』には、ほとほとしてやられた。  難病に侵され、余命30日を宣告された男の話だと聞いたから、てっきり涙と感動の余命モノだと思って、舐めていたのだ。  とんでもなかった。  実話に材を取った本作は、学もなければ地位も金もない男が、社会を揺るがす映画だった。  主人公は電気技師のロン・ウッドルーフ。堅気の仕事に就いてるものの、...... [続きを読む]

受信: 2014年4月12日 (土) 18時09分

» 映画『ダラス・バイヤーズクラブ』を観て〜アカデミー賞受賞作品 [kintyres Diary 新館]
14-26.ダラス・バイヤーズクラブ■原題:Dallas Buyers Club■製作年、国:2013年、アメリカ■上映時間:117分■料金:1,800円■観賞日:3月15日、ヒューマントラストシネマ有楽町(有楽町) □監督:ジャン=マルク・ヴァレ◆マシュー・マコノヒー◆ジャレッド・...... [続きを読む]

受信: 2014年4月13日 (日) 10時32分

» 『ダラス・バイヤーズクラブ』のキーワードはこれだ! [映画のブログ]
 油断も隙もありゃしない。  『ダラス・バイヤーズクラブ』には、ほとほとしてやられた。  難病に侵され、余命30日を宣告された男の話だと聞いたから、てっきり涙と感動の余命モノだと思って、舐めていたのだ。  とんでもなかった。  実話に材を取った本作は、学もなければ地位も金もない男が、社会を揺るがす映画だった。  主人公は電気技師のロン・ウッドルーフ。堅気の仕事に就いてるものの、...... [続きを読む]

受信: 2014年4月15日 (火) 17時29分

» 「ダラス・バイヤーズクラブ」 [ここなつ映画レビュー]
マシュー・マコノヒーが圧倒的な存在感で第86回アカデミー賞主演男優賞を獲得したこの作品であるが、賞獲得が決定する前に見た劇場予告編で既に鑑賞意欲は高まっていた。だから、ダメ〜な感じを最後まで貫いてのマシュー・マコノヒーかと思っていたら、そんな事は全然なくて、むしろ社会問題を提起するような作品。こちらの勝手だけれど、ダメ〜う〜んダメダメ〜(チャラいという意味ではないよ)、というのを期待していたのでその点は肩透かし。でも、アメリカのクスリ社会、医療、同性愛の問題点を、鋭くえぐった作品として観れば、たいし... [続きを読む]

受信: 2014年5月27日 (火) 12時35分

» Blu-ray:ダラス・バイヤーズクラブ Dallas Buyers Club 命を賭けた闘いの男儀ぶりに降参! [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
評判は聞いていたが、エイズ物ということで つい尻込みしてしまい、Blu-rayで。 エイズになってしまった主人公は、余命30日との宣告を受ける。 フツーだったら、そのまま落ち込んで、棺桶までまっしぐらに? ところが主人公はロデオ乗り。 男の中の男、が売りで...... [続きを読む]

受信: 2014年9月 9日 (火) 06時39分

» 患者から救済者になっちまった男。〜「ダラス・バイヤーズ・クラブ」〜 [ペパーミントの魔術師]
ダラス・バイヤーズクラブ [Blu-ray]Happinet(SB)(D) 2014-09-02by G-Tools GyaO鑑賞2本目。また全然ちゃうタイプの映画をセレクト。 実はアカデミー賞の主演男優賞とって気にはなってたんだけど、劇場公開見に行けなくてね〜・・・と言い訳。 HIVに感染しちまって、...... [続きを読む]

受信: 2014年11月 9日 (日) 16時30分

» 『ダラス・バイヤーズクラブ』('15初鑑賞21・WOWOW) [みはいる・BのB]
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 3月7日(土) WOWOWシネマの放送を録画で鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2015年3月13日 (金) 21時41分

« LIFE! | トップページ | 妖魔ヶ刻 »