« カノジョは嘘を愛しすぎてる | トップページ | キャビン »

2013年12月23日 (月)

ウォールフラワー

★★★

製作:2012年 米国 上映時間:103分 監督:スティーヴン・チョボスキー

Waiiflower_2
 スクールカーストを描き、米国で社会現象を起こした青春映画。思春期の青年の揺れ動く心情を繊細なタッチで追及し、困難を乗り越え成長する少年の心象風景を描き、観客の心を強く揺さぶる映画という触れ込みである。だが残念ながら、異なる慣習と感性の違いなどが障壁となり、日本人にはいまひとつ波長が合わないような気がするのだ。

 また主役であるチャーリーが精神障害を持っていることそのものは、ある程度必然かもしれないのだが、それほどそのことがストーリーに反映されているとも思われない。従ってそればかり強調するよりも、パトリックやサムの生い立ちや、もっと彼らの心象風景を克明に描いたほうが良かったのではないだろうか。

 いずれにせよ、中心人物の三人を演じたローガン・ラーマン、エマ・ワトソン、エズラ・ミラーの表現力は素晴らしいのだが、脚本と演出また時間配分などが中途半端であることは否めない。もう少しのめり込めて感情移入出来るストーリー仕立てに出来ればと思うと、非常に残念な作品でもある。

最後に下記のバナーをクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« カノジョは嘘を愛しすぎてる | トップページ | キャビン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/54352845

この記事へのトラックバック一覧です: ウォールフラワー:

» ウォールフラワー ★★★ [パピとママ映画のblog]
『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』のローガン・ラーマン、『ハリー・ポッター』シリーズのエマ・ワトソン、『少年は残酷な弓を射る』のエズラ・ミラー共演の青春作。原作者のスティーヴン・チョボスキーが監督を務め、自身の小説「ウォールフラワー」を基に、思...... [続きを読む]

受信: 2014年1月 5日 (日) 16時20分

» ウォールフラワー [C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜]
ウォールフラワー 12:米 ◆原題:The Perks of Being a Wallflower ◆監督:スティーヴン・チョボスキー ◆主演:ローガン・ラーマン、エマ・ワトソン、エズラ・ミラー、メイ・ホイットマン、ケイト・ウォルシュ、ディラン・マクダーモット、メラニー・リンスキー、ニ...... [続きを読む]

受信: 2014年4月 7日 (月) 22時52分

« カノジョは嘘を愛しすぎてる | トップページ | キャビン »