« キャビン | トップページ | 2014年 明けましておめでとうございます »

2013年12月28日 (土)

永遠の0

★★★★

製作:2013年 日本 上映時間:144分 監督:山崎貴

Eienno0
 ちょっと視点を変えた戦争映画である。特攻隊員だったという実祖父の生きざまを孫からの視点で、現代と過去を交錯させながら綴っていく。「海軍一の臆病者」と呼ばれたゼロ戦搭乗兵だった祖父、それは内地に残してきた妻と娘のためだった。ではなぜ自ら特攻に志願して若き命を絶ってしまったのだろうか。

 監督があの『ALWAYS三丁目の夕日』シリーズを手掛けた山崎貴ということもあり、特撮の東宝の威信をかけてVFXの美しさを誇っていた。ことに空中戦と特攻のシーンは、鳥肌が立つほど見事な出来栄えである。
 また予告編を観た時から大泣きすることが分かっていたので、ハンケチを手にしながらスクリーンを見つめていたが、これが大正解であり、このハンケチは涙と鼻水でぐちゃぐちゃになってしまった。とにかく久々に心の底から泣いた。是非ハンケチ、それも大きめのものをお忘れなく。

 孫が祖父の過去を調べるうちに、多くの戦友たちに巡り合うのだが、その戦友たちのキャストが非常に豪華である。田中泯、橋爪功、山本學、平幹二郎、夏八木勲といった個性派の大ベテランたちを揃えたのはよいのだが、どうも全員が年齢的に若過ぎて辻褄が合わない。戦争経験者なら、そのほとんどが90歳以上であり、この映画での現代が今より6、7年前の設定だとしても、まだ辻褄の合わない計算になる。

 もちろん超高齢の俳優さんは少ないので、これらの俳優で良いのだが、もっと老けメーキャップを装い、もっともっと老いた演技をしなくてはならなかったのではないだろうか。そんなことを感じながらスクリーンを観ていたため、いまひとつストーリーにのめり込めなかったことだけが、この映画の唯一の欠陥かもしれない。

 そうした部分を除けば、ほとんど満点に近い出来と言ってよいだろう。
 それから、この映画の主人公だけが特別なのではなく、戦争に行った人々は皆自分の物語を持っている。という劇中の言葉が心に沁みてきて堪らない。まさにその通り、実に良い言葉ではないか。もっと言えば人間の誰もが、それぞれの紡いだ物語を必ず持っているはずである。

 いずれにせよ、観客が年配者だけではなく、老若男女の全てに亘っていたことが素晴らしいではないか。これで本年度日本アカデミー賞は確定したようなものである。

最後に下記のバナーをクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« キャビン | トップページ | 2014年 明けましておめでとうございます »

コメント

日本インターネット映画大賞運営委員会と申します。当方では第18回日本インターネット映画大賞を開催しております。もし宜しければ概要(http://www.movieawards.jp/)を読んで頂きまして投票(締切1月16日)のほど宜しくお願い致します。

投稿: 日本インターネット映画大賞運営委員会 | 2013年12月29日 (日) 20時54分

おめでとうございます。
初コメントです。
この映画は、岡田くんの最後の特攻のシーンに全部もっていかれたようで、もの凄く印象深い作品になりましたね。
桑田さんの「蛍」も、映画にマッチしていて、珍しく最後まで席を立たずに涙が止まらなかったです。

投稿: パピのママ | 2014年1月 5日 (日) 16時18分

パピのママさんへ

 コメントありがとう。
岡田君は実に良かったですね。NHK大河ドラマも楽しみになりました。

投稿: ケント | 2014年1月 6日 (月) 12時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/54408885

この記事へのトラックバック一覧です: 永遠の0:

» 映画「永遠の0」を観ました!!(2013-20) [馬球1964]
映画「永遠の0」を観ました!!息が出来ません!! [続きを読む]

受信: 2013年12月28日 (土) 13時03分

» 永遠の0 [花ごよみ]
百田尚樹の同名小説の映画化。 監督は山崎貴 主演は岡田准一。 この小説の主人公、 宮部久蔵を演じます。 孫の健太郎には三浦春馬。 井上真央、染谷将太、新井浩文、濱田岳等が共演。 健太郎(三浦春馬)が血のつながった 祖父である宮部久蔵(岡田准一)が、 な...... [続きを読む]

受信: 2013年12月28日 (土) 15時20分

» 永遠の0 ★★★★★ [パピとママ映画のblog]
零戦搭乗員の悲劇を描いた百田尚樹のベストセラーを、『ALWAYS』シリーズなどの監督・山崎貴が映画化した戦争ドラマ。祖父の歴史を調べる孫の視点から、“海軍一の臆病者”と呼ばれたパイロットの真実の姿を、現代と過去を交錯させながらつづっていく。主人公の特攻隊員役に...... [続きを読む]

受信: 2013年12月28日 (土) 16時58分

» 生きねば!『永遠の0』 [水曜日のシネマ日記]
零戦搭乗員の悲劇を描いた百田尚樹のベストセラーを実写版映画化した作品です。 [続きを読む]

受信: 2013年12月28日 (土) 18時30分

» 『永遠の0』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「永遠の0」□監督 山崎 貴□脚本 山崎 貴、林 民夫□原作 百田尚樹 □キャスト 岡田准一、三浦春馬、井上真央、濱田 岳、新井浩文、染谷将太、       三浦貴大、上田竜也、吹石一恵、田中 泯、山本 學、風吹ジュン、       ...... [続きを読む]

受信: 2013年12月28日 (土) 21時47分

» 永遠の0 : 人を愛すること、時代を繋いでいくこと…。 [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 私の年になると、師走は何故か落ち着きません。仕事の方は峠を越しているのですが、何なんでしょう。では、本日紹介する作品はこちらになります。 【題名】 永遠の0 【製作 [続きを読む]

受信: 2013年12月30日 (月) 10時18分

» [映画][☆☆☆★★]「永遠の0」感想 [流浪の狂人ブログ〜旅路より〜]
 発行部数累計300万部を越えるベストセラーにして、百田尚樹のデビュー小説を、「ALWAYS 三丁目の夕日」の山崎貴監督、「天地明察」の岡田准一主演で映画化。太平洋戦争時、周囲から「臆病者」の謗りを受けながら、愛する妻と子の元へ帰るため、何よりも生きる事に執着... [続きを読む]

受信: 2013年12月30日 (月) 21時25分

» [映画まとめ語り 『ハンガーゲーム2』『プレーンズ』『永遠の0』(時間無くマジ寸評)] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆・・・『ハンガーゲーム2』  面白かった。  独裁国家が、自国の統治を盤石にするために、1年に一回、選ばれた国民の殺し合いのゲームを行う中での、それに選ばれたヒロインの物語、の前作で勝ち抜いてからのその後の続編。  前半は、なかなか肝心のハンガーゲー...... [続きを読む]

受信: 2013年12月31日 (火) 11時32分

» 永遠の0 [だらだら無気力ブログ!]
最後の所は蛇足かな。 [続きを読む]

受信: 2014年1月 1日 (水) 23時30分

» 永遠の0 [いやいやえん]
これは戦争ものじゃなくて、ヒューマンドラマでしょうね。 司法試験に落ちて進路に迷う健太郎は、祖母の葬儀の日に驚くべき事実を知らされる。実は祖母にはなくなった夫がいて再婚だったというのだ。 本当の祖父の名前は、宮部久蔵。60年前の太平洋戦争で零戦パイロットとして戦い、終戦直前に特攻攻撃により帰らぬ人となっていた。やがて宮部の事を調べていくに連れて、彼の生き様と真実に直面する事になるのだが…。 これはもう〜〜〜〜岡田君映画でしょう!穏やかな人物像と圧倒的なイケメンぶりが儚さも生んで、ラストの... [続きを読む]

受信: 2014年1月 2日 (木) 10時52分

» 永遠の0 [にきログ]
さて、こちら年末年始の戦争もの映画ですね 私は数年前に原作をすでに読んでいて、今回の映画も楽しみにしていました ちなみに原作の感想はこちら 読んだのが数年前だったため細部はうろ覚えでの鑑賞でした あらすじ 祖母の葬儀の席で会ったことのない実の祖父・宮部久蔵(岡田准一)の存在を聞いた佐伯健太郎(三浦春馬)。進路に迷っていた健太郎は、太平洋戦争の終戦間際に特攻隊員として出撃した...... [続きを読む]

受信: 2014年1月 5日 (日) 21時34分

» 「永遠の0」 [ここなつ映画レビュー]
次男がこの作品を観たいと切望した時、原作未読の私は、戦争を美化した話だったら嫌だな、と思ってなかなかうん、と言えませんでした。 戦争は、怖い。でも戦闘機はカッコいい。単純な小学生男子の発想。特に戦闘物が好きな次男にしてみれば、ゼロ戦が戦闘する所、見たい!戦艦が爆撃される所見たい!となって当然な訳で。 怖い。でも好き。というアンビバレンツな感情に折り合いを付けられる程大人ではないし、私にとってはまだ生々しい(末っ子の父から生まれた末っ子なので伯父は南方で戦死しています)太平洋戦争を題材とした映... [続きを読む]

受信: 2014年1月 7日 (火) 17時09分

» 【永遠の0】を映画鑑賞! [じゅずじの旦那]
最近映画館で観た映画なんですか?原作を読んで涙した、あの「永遠の0(ゼロ)」をようやく見ることができました  まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング【あらすじ】祖母の葬儀の席で会ったことのない実の祖父・宮部久蔵の存在を聞いた佐伯健太郎。進路に迷っていた健太郎は、太平洋戦争の終戦間際に特攻隊員として出撃した零戦パイロットだったという祖父のことが気に掛かり、かつての戦友たちを訪ねる。そして、天才的な技術を持ちながら“海軍一の臆病者”と呼ばれ、生還することにこだわった祖父の思いも寄ら... [続きを読む]

受信: 2014年1月16日 (木) 09時39分

» 永遠の0 [映画的・絵画的・音楽的]
 『永遠の0』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)戦争物の映画は正直あまり見たくはないのですが、評判がとてもいいものですから、映画館に出向いてみました。  物語(注1)は、司法試験に4回落ちている健太郎(三浦春馬)が、姉の慶子(吹石一恵)と一緒に、自分の血の...... [続きを読む]

受信: 2014年1月17日 (金) 06時22分

« キャビン | トップページ | 2014年 明けましておめでとうございます »