« アウトレイジ ビヨンド | トップページ | ルームメイト »

2013年11月23日 (土)

ゼロ・ダーク・サーティ

★★★☆

製作:2012年 米国 上映時間:157分 監督:キャスリン・ビグロー

 9.11全米同時多発テロの首謀者であり、テロ組織アルカイダの指導者でもあるウサーマ・ビン・ラーディン殺害・捕縛計画を描いた実録サスペンス映画である。また終盤での隠れ家におけるビン・ラーディン射殺までの経緯は、まさに「現代米国版・忠臣蔵」吉良邸討ち入りシーンそのものであった。
 とにかく長い、暗い、重い三重苦のような作品で、早く終わらないかと、そればかり願って観ていたので非常に疲れた。もちろん観ていて退屈だという訳ではなく、作品の出来も素晴らしいし、アカデミー賞有力候補作というのもうなづけるのだが、こうした作品を観るには体力不足だったかもしれない。

 CIAによる拷問や、昨今問題になっているプライバシー無視の盗聴三昧。だがもしそれらを行わなかったら、ビン・ラーディンを見つけることさえ出来なかったに違いない。良いとか悪いとかという前に、現実と理想のギャップに苦悶し続ける以外に選択肢はなかった。この映画の中で言いたかったこともそんな苦悩の一篇だったのだろうか。

最後に下記のバナーをクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« アウトレイジ ビヨンド | トップページ | ルームメイト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/54026729

この記事へのトラックバック一覧です: ゼロ・ダーク・サーティ:

» ゼロ・ダーク・サーティ  ★★★★ [パピとママ映画のblog]
9.11テロから10年、人々のビンラディンに対する記憶も薄れようとしている2011年5月1日、アメリカのネイビーシールズがビンラディンの隠れ家を急襲し、殺害する事件が起きた。 その裏に、ひとりのCIA女性分析官の功績が大きかった事が明らかになる。本作はその分析官マヤ...... [続きを読む]

受信: 2013年12月 5日 (木) 08時42分

« アウトレイジ ビヨンド | トップページ | ルームメイト »