« 桐島、部活やめるってよ | トップページ | 劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 »

2013年9月29日 (日)

終の信託

★★★☆

製作:2012年日本 上映時間:144分 監督:周防正行

 周防監督は、『それでもボクはやってない』で痴漢と冤罪について追及していたが、今度は尊厳死と殺人罪の垣根に踏み込んだ重厚な映画を創った。前半はやや中だるみ的で退屈感を抱いてしまうかもしれないが、検察庁での塚原検事(大沢たかお)とヒロインの女医である折井綾乃(草刈民代)の対決シーンは見ものである。そして大沢たかおの悪役演技もなかなか見応えがあったね。

 あくまでもこの物語は、重度のぜんそく患者の江木秦三(役所広司)が望む尊厳死と、苦渋の中であえてその望みを叶えてあげた女医の決断と罪の意識がテーマとなる。従って江木が死ぬまでの時間は、このテーマに導くための序章に過ぎない。そのためか前半は少し退屈感を拭えなかったが、ストーリー展開と時間配分を完全克服出来なかったのかもしれない。

 また江木の気管チューブを抜いたときに、彼は静かに死ぬのかとの思っていたのだが、あそこであれだけ苦しみもがいていたのを、あえてそのまま薬で殺してしまうのはいかがなものであろうか。とりあえずは助けておいて、安楽死はそのあとでまた考えたほうが良かったのではなかろうか。またあれだけ優しい江木なのに、家族の存在が余りにも希薄過ぎるのが納得出来ない。結局は裁判での最終判決が「正解」だったような気もするが、いずれにせよ余り後味の良い作品ではなかった。

最後に下記のバナーをクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« 桐島、部活やめるってよ | トップページ | 劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/53426667

この記事へのトラックバック一覧です: 終の信託:

» 『終の信託』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「終の信託」□監督・脚本 周防正行□原作 朔立木□キャスト 草刈民代、役所広司、浅野忠信、大沢たかお、細田よしひこ■鑑賞日 10月28日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>  命の重さを量...... [続きを読む]

受信: 2013年9月29日 (日) 17時25分

» 終の信託 ★★★★ [パピとママ映画のblog]
「Shall We ダンス?」の周防正行監督、草刈民代、役所広司の3人が再び顔を合わせた愛と生命を巡るドラマ。強い絆で結ばれた患者から最期を託された女医の決断が、やがて殺人罪を問う刑事事件に発展する。原作は現役弁護士でもある朔立木の同名小説。「桜田門外ノ変」の大...... [続きを読む]

受信: 2013年10月 7日 (月) 16時29分

« 桐島、部活やめるってよ | トップページ | 劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 »