« スープ ~生まれ変わりの物語~ | トップページ | きっと、うまくいく »

2013年7月18日 (木)

エンド・オブ・ザ・ワールド

★★★☆

製作:2012年米国 上映時間:101分 監督:ローリーン・スカファリア

 何の予備知識もなく、タイトルと「地球滅亡の日まであと21日」という、キャッチコピーだけ観たためか、てっきりパニックものと勘違いしてしまった。この映画では、小惑星の接近で人類と地球の滅亡が決定的なものになった日から、実際に小惑星が追突する日までの人々の葛藤を描いている。
 当然暴動や乱交などが始まるのだが、この映画ではそれらのことには余り深く介入せず、どちらかと言えばあっさりと描いている。そして前半は不貞を働き姿を消してしまった妻に失望する主人公ドッジ(スティーヴ・カレル)の淡々とした暗い生活描写が続くのでかなり眠くなってしまう。

 この単調さが消失するのは、いままではお互いにその存在さえ知らなかった隣人女性ペニー(キーラ・ナイトレイ)と話をするところからである。そしてそれぞれ別の目的のため二人は旅に出ることになるのだが、旅を続けているうちにお互いが必要としている最後の異性であることを感じ始めるのであった。
 
 「人類と地球の滅亡」といっても、この二人にはほとんど切迫感がなく、なんだか普通のロードムービーを観ているような錯覚にとらわれてしまうのである。パニック系の映画としては、なんとも摩訶不思議で風変りな展開だと思ったら、なんと実は監督が女性だった。結局のところパニック映画でも何でもなく、ロードムービー仕立てのラブストーリーだったんだね。

最後に下記のバナーをクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« スープ ~生まれ変わりの物語~ | トップページ | きっと、うまくいく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/52501841

この記事へのトラックバック一覧です: エンド・オブ・ザ・ワールド:

» エンド・オブ・ザ・ワールド ★★★ [パピとママ映画のblog]
小惑星の衝突による人類滅亡の危機が迫る中、かつての恋人に会いに行こうとする中年男と隣人女性の奇妙な旅をユーモアに包んだ温かなタッチで描く。 出演は「ラブ・アゲイン」のスティーヴ・カレル、「危険なメソッド」のキーラ・ナイトレイ。監督は、「キミに逢えたら!...... [続きを読む]

受信: 2013年7月25日 (木) 14時04分

« スープ ~生まれ変わりの物語~ | トップページ | きっと、うまくいく »