« 愛さえあれば | トップページ | 建築学概論 »

2013年6月14日 (金)

百年の時計

★★★★

製作:2012年日本 上映時間:105分 監督:金子修介

100tokei
 製作は香川県の政財界によって設立・支援された「さぬき地産映画制作委員会」で、2012年10月20日に香川県にて先行公開されたご当地映画である。地味な草の根映画ではあるが、徐々に作品の質の良さが認められ、全国規模での上映になりつつあるという。映画とはハリウッド映画のようにガンガン金をつぎ込んで創るものばかりではなく、このように味のある良い作品が少しずつ静かに人の心に沁みこんでゆくというパターンもあるのだ。実に良い話ではないか。

 さてストーリーのほうは、高松市美術館に勤務する学芸員の神高涼香(木南晴夏) が、地元出身で世界を代表する前衛芸術家・安藤行人(ミッキー・カーチス)の回顧展を企画・担当することになり、高松空港まで彼を迎えに行くところから始まる。その安藤行人はかなり年配で、すでに終わっていると噂され、また気難しい事でも有名であった。彼は回顧展の開催よりも、昔時計をくれたある女性を探すために故郷に戻ったのだった。それで回顧展開催の条件として、涼香にその女性を一緒に探すことを要求するのだった。

 美しい四国の風景と路線開業100周年を迎えた「ことでん」こと高松琴平電気鉄道のクラシカルな雰囲気がスクリーンに漂う。そしてストーリーはコミカルな現代と、シリアスな過去の回想がパラレルに進行してゆく。そしてラストでは現代と過去がめぐりあい、時を超えた恋が結実するハッピーなエンドで締めくくられる。私自身はバタバタと忙しい現代よりも、詩的な雰囲気でノスタルジー溢れる過去の映像に惹かれてしまった。だからハッピーエンドにはやや懐疑的だ。過去は過去のベールに包まれたままで良かったような気もするのだが、みなさんはどう感じましたか。

最後に下記のバナーをクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« 愛さえあれば | トップページ | 建築学概論 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/52035906

この記事へのトラックバック一覧です: 百年の時計:

» 「百年の時計」 [お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 ]
2012年・日本/さぬき地産映画製作委員会配給:太秦、ブルー・カウボーイズ 監督:金子修介脚本:港 岳彦撮影:釘宮慎治音楽:中村由利子プロデューサー:金丸雄一 「ことでん」の愛称で全国の鉄道ファンから... [続きを読む]

受信: 2013年6月26日 (水) 00時41分

» 百年の時計 ★★★★ [パピとママ映画のblog]
『20世紀少年』シリーズの木南晴夏と『ロボジー』のミッキー・カーチスが共演を果たした人間ドラマ。回顧展を前に創作意欲を失ってしまった芸術家が、自らの過去と向き合うことにより成長する姿や、家族との固い結束を再確認するさまを描く。共演の螢雪次朗、木下ほうか、...... [続きを読む]

受信: 2013年7月24日 (水) 13時31分

« 愛さえあれば | トップページ | 建築学概論 »