« ポエトリー アグネスの詩(うた) | トップページ | REPEAT リピート »

2013年5月 8日 (水)

プラチナデータ

★★★

製作:2012年日本 上映時間:134分 監督:大友啓史

Plachinadata

 
 原作はあの東野圭吾だというのだが、それにしては映画のストーリーは余り面白くなかった。脚本が良くなかったのか、時間が足りなかったのか、はたまた原作自体がつまらないのか、原作を読んでいない私には全く判断できない。

 舞台はDNAデータを基に犯罪捜査が行われるという近未来。そのDNA解析研究に携わる主任研究員を二宮和也が演じ、彼の同僚研究員を水原希子や杏が演じ、また彼を執拗に追跡する警部補に豊川悦司が扮している。それにしても、なぜ共演者に身長の高い人ばかりをあつめたのだろうか。二宮君がますます小さくみえてしまうじゃないの。彼が主演の映画を観るのは『青の炎』以来である。そのときは高校生役でピッタシ・カンカンでとても可愛らしかったのだが、30歳を過ぎるとなかなか役どころが難しいよね。

 それにしてもこの映画、序盤はSFぽかったのだが、いつの間にかアクションになり、最後の謎解きもなにかパッとしなかったな。そして真犯人は、ドンデン返しと言うのか、かなり意外な人物だったのだが、余りにも的外れ気味で納得できる動機が見当たらなかったのが残念である。二宮和也による二宮和也ファンのための映画だったのだろうか。

最後に下記のバナーをクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« ポエトリー アグネスの詩(うた) | トップページ | REPEAT リピート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/51545867

この記事へのトラックバック一覧です: プラチナデータ :

» プラチナデータ [だらだら無気力ブログ!]
二宮君ファンなら満足な一本かも。 [続きを読む]

受信: 2013年5月12日 (日) 01時49分

» 『プラチナデータ』 [cinema-days 映画な日々]
DNAプロファイリングで犯罪検挙率が 100%となった「遠くない未来」。 開発チームの蓼科兄妹が殺され、 その犯人の分析結果として 名指しされたのはシステム開発者だった... 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (劇場鑑賞) 原作:東野圭吾... [続きを読む]

受信: 2013年5月19日 (日) 17時06分

» プラチナデータ [いやいやえん]
うーんいまひとつ微妙な作品でした。 二宮さんの存在、役回り、演技、キャラクターがあっていないんですよ。童顔というのもそうなのですが、天才科学者にはどうしてもみえない。脇が豊川さんだとか保奈美さんだとか杏さんだとか、存在感があるのと背の高い人ばかりというのも損しているのかもしれない。…というわけで、まず主演がよくない。 作品自体は誰もが一度は考えた事のある近未来管理社会…になりそうな社会。 リュウという二重人格をもつ神楽、彼が発案したものをプログラム化する蓼科早樹、彼女が作ったモーグルで... [続きを読む]

受信: 2013年11月12日 (火) 09時23分

» 映画 プラチナデータ [こみち]
JUGEMテーマ:邦画nbsp; nbsp;  出生時・学校の健康診断などで非合法にDNAデータを入手して nbsp; DNAデータバンクを作る政府。しかしシステム製作者が極秘裏に nbsp; システムをさらに改良して、何者かに殺害される。 nbsp; また、改良したシステムそれをアメリカに売り込もうとする人や nbsp; 真相を掴もうとする人。 nbsp;... [続きを読む]

受信: 2014年3月28日 (金) 22時45分

« ポエトリー アグネスの詩(うた) | トップページ | REPEAT リピート »