« 脳男 | トップページ | チャイルドコール 呼声 »

2013年4月15日 (月)

桜、ふたたびの加奈子

★★★☆

製作:2012年日本 上映時間:106分 監督:栗村実

Kanako
 川の流れで時の変遷を表現するカメラワークは、なかなか好感が持てた。また音楽のほうは、現代のベートーヴェンと言われている佐村河内守が担当しているのだが、残念ながらこの作品には不向きな気がした。もっと静かな音楽を選曲してもらいたかったね。

 タイトルの『加奈子』は、広末涼子扮するヒロイン桐原容子の娘の名。この娘が小学校に入学する直前に、容子の不注意から交通事故に遭って死亡してしまうのである。
 ストーリーはここから始まり、それ以来容子は悲しみと同時に深い心の傷を負ってしまう。この世にいない娘に話し掛けたり、食事を作ったり、挙句の果ては自殺未遂までやってしまうのだ。
 ところがある日、狂ったように走り出す飼い犬に導かれた場所で、妊娠中の女子高生と遭遇する。その後もその女子高生と付き合ううちに、彼女が出産した女の子こそ加奈子の生まれ変わりなのだと信じるようになるのだった。

 
 オカルトのようだが、オカルトチックでもない。だが実はやはりオカルトだったというような、ファンタジー映画である。ファンタジー作品なら、テーマが「喪失と再生」なのだと思うのだが、ファンタジーならもっとファンタジーを前面に出したほうが分かり易かったのではないだろうか。いずれにせよ、男性より女性受けしそうな映画である。

 いつも演技力を批判されていた広末涼子だが、今回は娘を亡くして精神バランスを崩した母親役を見事に演じていた。それからあまり目立たない役柄なのだが、愛情深い夫役をこなした稲垣吾郎の静かな演技もいぶし銀のように光っていたと思う。

 淡々とした前半だったが、後半になってかなり盛り上がってくる。そして終盤のドンデン返し、さらにはラストに用意されたもう一つの種明かしは、実に見事だったね。これでミステリアス・オカルト・ファンタジーというジャンルが確立された。

最後に下記のバナーをクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« 脳男 | トップページ | チャイルドコール 呼声 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/51243726

この記事へのトラックバック一覧です: 桜、ふたたびの加奈子:

» 『桜、ふたたびの加奈子』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「桜、ふたたびの加奈子」 □監督・脚本 栗村実□原作 新津きよみ□キャスト 広末涼子、稲垣吾郎、福田麻由子、高田翔、江波杏子■鑑賞日 4月6日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> 容...... [続きを読む]

受信: 2013年4月15日 (月) 20時19分

» 桜、ふたたびの加奈子 ★★★ [パピとママ映画のblog]
広末涼子と稲垣吾郎が娘を亡くした夫婦を演じ、さまざまな人とめぐり合いながら再生していく姿を描いたヒューマンドラマ。 娘の加奈子を事故で亡くした容子は、自分を責め続け、もう存在しない容子が見えると言って世話を焼くようになる。夫の信樹は、そんな妻を救い出し...... [続きを読む]

受信: 2013年4月23日 (火) 20時14分

» 『桜、ふたたびの加奈子』 [cinema-days 映画な日々]
桜、ふたたびの加奈子 事故で亡くした娘の生まれ変わりを信じ、 再会を待ち望む母親と、そんな彼女を 見守る夫の愛を描く... 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞) 原作:新津きよみ... [続きを読む]

受信: 2016年2月15日 (月) 00時12分

« 脳男 | トップページ | チャイルドコール 呼声 »