« 世界にひとつのプレイブック | トップページ | 桜、ふたたびの加奈子 »

2013年4月12日 (金)

脳男

★★★☆

製作:2013年日本 上映時間:125分 監督:瀧本智行

Nooman

 原作は第46回江戸川乱歩賞に輝いた首藤瓜於の推理小説。タイトルの脳男とは、生まれつき並外れた記憶力、知能、肉体を持ちながら、人間としての感情を持たない正義の殺人マンのことである。原作は未読なのだが、映画ではこのダークヒーローを、あのイケメン俳優の生田斗真が、大幅なイメチェンと肉体改造を施し見事に演じていたのが印象深かった。

 ただ爆発音が大き過ぎて、心臓マヒで死にそうになったし、そのあと耳鳴りが続いて参ってしまった。またエンドロールのと音楽もやかましいだけで辟易してしまった。この監督は音の使い方が乱暴過ぎるのではないだろうか。ただ洋画を彷彿させるような映像の創り方や、テンポの良さはなどには拍手を送りたい。

 しかしながら、かなり荒唐無稽で理不尽な設定には納得できない感がある。どうしてあんな少女が、あれ程の爆弾を手に入れて、タイミングよく随所にセッティング出来るのか。ことに病院での爆破シーンは、テロというよりまさに戦争であり、国家レベルの規模でなければ到底仕掛けられないだろう。ジョーカーよろしく、たった一人の少女が簡単に仕掛けられるはずがないじゃないか。それまではかなりのめり込んでいたのだが、あの時点で私の心は急速に覚めてしまった。

 また警察のだらしなさとが目立つし、この映画では江口洋介が全く浮いた存在で、ただただうざったい男にしか映らなかったのが残念である。例え正義のためとはいえ、暴力や殺人は絶対に許さないという日本警察の考え方。結果としてそのために犯人を逃し、その後に何百人の犠牲者が出ることになるのだ。そのことが、この映画が残した最大のメッセージなのであろうか。そしてなんとなく続編があるような終わり方も気になったな。

最後に下記のバナーをクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« 世界にひとつのプレイブック | トップページ | 桜、ふたたびの加奈子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/51195416

この記事へのトラックバック一覧です: 脳男:

» 『脳男』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「脳男」□監督 瀧本智行□原作 首藤瓜於□脚本 真辺克彦、成島出□キャスト 生田斗真、松雪泰子、江口洋介、二階堂ふみ、太田莉菜■鑑賞日 2月10日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>  l...... [続きを読む]

受信: 2013年4月12日 (金) 12時23分

» 脳男 ★★★★.5 [パピとママ映画のblog]
首藤瓜於の江戸川乱歩賞受賞作を「イキガミ」の瀧本智行監督が映画化。 主演の生田斗真が今までのナーブな美青年というイメージから一転、人間的な感情をもたない殺人者役を演じ、ダークな新境地を見せる。撮影はロバート・アルトマン作品などで知られる栗田豊通、脚本に...... [続きを読む]

受信: 2013年4月13日 (土) 22時57分

» 脳男 [だらだら無気力ブログ!]
松雪泰子にあのセリフを言われてぇ〜! [続きを読む]

受信: 2013年4月16日 (火) 01時40分

» 『脳男』お薦め映画 [作曲♪心をこめて作曲します♪]
これまでの生田斗真主演作の中で、本作はピカイチの作品だと思った。新しい魅力を発見できるだろう。そこはかとなく悲しみが透けて見えてくる。見えない涙が見えてくる。ハードボイルドな描き方は好きだが、ラストの展開には賛否両論が巻き起こりそうだ。... [続きを読む]

受信: 2013年5月 2日 (木) 08時17分

» 映画『脳男』を観て [kintyres Diary 新館]
13-16.脳男■配給:東宝■製作年・国:2013年、日本■上映時間:125分■観賞日:2月17日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木)■料金:0円(ポイント利用)□監督:瀧本智行◆生田斗真(鈴木一郎)◆松雪泰子(鷲谷真梨子)◆江口洋介(茶屋刑事)◆二階堂ふみ(緑川紀子...... [続きを読む]

受信: 2013年6月20日 (木) 23時19分

» 脳男 [銀幕大帝α]
2013年 日本 125分 アクション/ミステリー/SF PG12 劇場公開(2013/02/09) 監督:瀧本智行 原作:首藤瓜於『脳男』 主題歌:キング・クリムゾン『21世紀のスキッツォイド・マン』 出演: 生田斗真『僕等がいた 前篇』:鈴木一郎(入陶大威) 松雪泰子『...... [続きを読む]

受信: 2013年8月30日 (金) 13時39分

» 脳男 [いやいやえん]
「脳男」なんて一風変わった題名なのが気になった。 生田斗真さんが感情のない人間を演じているのだけれど、もともと端正な顔立ちをしてるだけに、無表情であればこその、アンドロイドというかターミネーターというか…とにかくロボットな感じが良く出ているのです(でも無表情=瞬きしないは違うなーと思った)。 悪人を狩るロボットともいえる鈴木一郎が、表情といえるものを見せるシーンが数回ありますね。しかしそのときの彼の顔は獲物を狙うハンターですが、ラストの鷲谷にみせる表情は違った。彼自身の心の奥にある感情な... [続きを読む]

受信: 2013年9月13日 (金) 09時45分

« 世界にひとつのプレイブック | トップページ | 桜、ふたたびの加奈子 »