« キング・オブ・マンハッタン 危険な賭け | トップページ | 脳男 »

2013年4月 9日 (火)

世界にひとつのプレイブック

★★★★

製作:2012年米国 上映時間:122分 監督:デヴィッド・O・ラッセル

Playbook
 原題は『SILVER LININGS PLAYBOOK』で、邦題同様意味不明のタイトルである。要約すると、シルバーライニングは太陽の光を受けて白く輝いている雲の縁の部分、つまり逆境の中の希望の光を指す。またプレイブックは、アメリカンフットボールのフォーメーションを記した作戦図のことだという。すなわち人生を取り戻すための戦術であり、最愛の相手を失い、人生のどん底にいた男女の出会いと再起を描いた物語、ということになるらしい。

 
 かなり気取った、まどろっこしいタイトルだが、映画の中身のほうは、笑いや涙を交えて描いたヒューマンコメディに仕上がっている。またラストのダンスシーンでは、ダメだ!と思わせながらも、何とかハッピーエンドに繋げ、いかにもアメリカンな展開にホット胸を撫で下ろすことになるのでご安心を。

 本作は第85回アカデミー賞の作品、監督、脚色、主演・助演男女と、主要部門全てでノミネートされている。ことに「ハンガー・ゲーム」で人気沸騰したジェニファー・ローレンスの演技が光り、彼女が第85回アカデミー賞主演女優賞を射止めることになったのである。

最後に下記のバナーをクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« キング・オブ・マンハッタン 危険な賭け | トップページ | 脳男 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/51154591

この記事へのトラックバック一覧です: 世界にひとつのプレイブック:

» 『世界にひとつのプレイブック』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「世界にひとつのプレイブック」□監督・脚本 デヴィッド・O・ラッセル □原作 マシュー・クイック「世界にひとつのプレイブック」 □キャスト ブラッドリー・クーパー、ジェニファー・ローレンス、ロバート・デ・ニーロ、       ジ...... [続きを読む]

受信: 2013年4月11日 (木) 17時48分

» 世界にひとつのプレイブック [心のままに映画の風景]
妻の浮気が原因で、心のバランスを壊したパット(ブラッドリー・クーパー)は、ようやく精神病院から退院する。 心身の健康を取り戻せば、接近禁止令の出ている妻とやり直せると思い込み、実家で社会復帰...... [続きを読む]

受信: 2013年4月12日 (金) 23時40分

» 映画「世界にひとつのプレイブック」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「世界にひとつのプレイブック」観に行ってきました。映画「ウィンターズ・ボーン」「ハンガー・ゲーム」で主演を担ったジェニファー・ローレンスが、第85回アカデミー賞その... [続きを読む]

受信: 2013年4月14日 (日) 04時32分

» 世界にひとつのプレイブック ★★★.5 [パピとママ映画のblog]
それぞれに愛する人を失い心に傷を負った男女が再生していく姿を、涙と笑いでつづるヒューマン・コメディー。オスカーで6部門にノミネートされた『ザ・ファイター』のデヴィッド・O・ラッセル監督が、人生の再起に懸ける男女をハートフルに描く。 主演は、『ハングオーバ...... [続きを読む]

受信: 2013年4月23日 (火) 20時15分

» 映画『世界にひとつのプレイブック』を観て〜アカデミー賞受賞作品 [kintyres Diary 新館]
13-22.世界にひとつのプレイブック■原題:Silver Linings Playbook■製作年、国:2012年、アメリカ■上映時間:123分■観賞日:3月1日、TOHOシネマズ渋谷■料金:1,000円 □監督・脚本:デヴィッド・O・ラッセル◆ブラッドリー・クーパー(パット)◆ジェニファ...... [続きを読む]

受信: 2013年7月28日 (日) 13時25分

» 世界にひとつのプレイブック [いやいやえん]
ブラッドリー・クーパー、ジェニファー・ローレンス共演。 妻の浮気現場で暴力をふるい家庭も仕事も失ったパット。事故で夫を失ったあと自暴自虐のビッチ的行動をとっていたティファニー。人生のどん底にいた男女の出会いと再起を描いた作品。 シリアスドラマの中にロマンチックな要素を織り込んだ事で、作品に深みが生まれてハートウォーミングな作品になっている。 パットが躁うつ病を患っていて…という設定も、病状は違うけれどメンタルの病を患っている私にとっては共感性が高かった。ただ療養8ヶ月じゃ全然足りないと... [続きを読む]

受信: 2013年8月12日 (月) 08時53分

« キング・オブ・マンハッタン 危険な賭け | トップページ | 脳男 »