« さよならドビュッシー | トップページ | ベルセルク黄金時代篇Ⅲ降臨 »

2013年2月26日 (火)

ジョン・カーター

★★★

製作:2012年米国 上映時間:133分 監督:アンドリュー・スタントン

 この映画の原作は「ターザン」の作者が100年前に書いたアドベンチャー小説なのだという。はじめは「スター・ウォーズ」と「アバター」のパクリのような作品だと思ったのだが、じつはその逆であり、ジョージ・ルーカスやジェームズ・キャメロンのほうが、この小説の影響を受けたらしい。

 ただ残念なことに、背景や世界観が今一つ理解できなかったことと、ジョン・カーターを演じたテイラー・キッチュが、こうしたスペクタクル巨編の主役を演じるには、かなり物足りない体格だったことである。そのうえヒロインの王女デジャー・ソリスを演じたリン・コリンズにも女性的な魅力をほとんど感じられなかった。これはもう完全なミスキャストだったのではないだろうか。このあたりを改善していれば、もっと評価の高い面白い作品に仕上がっていたと思うのは私だけであろうか。

最後に下記のバナーをクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« さよならドビュッシー | トップページ | ベルセルク黄金時代篇Ⅲ降臨 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/49674762

この記事へのトラックバック一覧です: ジョン・カーター:

« さよならドビュッシー | トップページ | ベルセルク黄金時代篇Ⅲ降臨 »