« 渾身 KON-SHIN | トップページ | 東京家族 »

2013年1月25日 (金)

LOOPER/ルーパー

★★★☆

製作:2012年米国 上映時間:118分 監督:ライアン・ジョンソン
 

 30年後の未来では、システムの発展により死体を隠すことが出来なくなるという。そこで未来の悪党たちは、殺害したい人物をタイムマシンで過去に送り、そこで待っている殺し屋によって殺害させて死体処理をする方法を考えた。
 その殺し屋たちは、「ルーパー」と呼ばれ、殺しと死体処理の報酬として銀の延べ棒を受け取っていた。だがその殺し屋自体も未来になって不要になると、標的に選ばれて過去に送られる。そしてそれを殺害するのは、過去におけるその殺し屋自身となるのだ。
 そして無事未来の自分自身を殺害処理すると、今度は報酬として金の延べ棒が、過去の自分に送られてくる。そして彼等はルーパーから引退して行くのだが、30年後には不要になった標的となり過去に送られて殺害されるという恐ろしい循環システムだったのである。

Looper

 タイムトラベルものとしては、なかなか画期的なアイデアであり、過去と未来の自分同士の戦いというのも、なかなか興味深い設定なのだ。また過去の自分を傷付けると未来の自分も同様に傷付いてゆくというのも、なんとなく納得出来そうな理論である。
 ただ本作の場合は、パラレルワールドの別の未来からやって来た自分なので、必ずしも過去の自分とリンクするという理論が成立するとは限らないと言える。だが結局は、あの壮絶なラストシーンを演出するための前提理論だったのだろう。

 タイムトラベル作品は複雑にループしてストーリーを捻りこむため、じっくり何度も繰り返して観ないと、理解不能になってしまう傾向がある。本作でも殺されたはずの未来の自分(ブルース・ウィリス)が、なぜか次の瞬間には生存していて再度タイムトラベルをするという、矛盾の循環のようなシーンがあって頭がこんがらかってしまった。結局映画を観終わってからネットで調べて、殺されたのはブルース・ウィリスが若かった当時に、未来から送られてきた自分なのだとやっと理解した次第である。

 この映画にはタイムトラベラー以外にも、TKと呼ばれる超能力者が登場するのだが、どうも途中からSFなのかオカルトなのか方向性と世界観がはっきりしなくなってしまう。そしてスージーとかキッド・ブルーとか、ほとんど意味のない登場人物がしゃしゃり出てくるのもいかがなものであろうか。それよりも未来の自分が、中国で知り合った東洋女性との愛の回顧録を充実させることのほうが、ストーリー展開上もどれほど重要だったことか・・・。

 また過去の自分はちょっと弱々しいのに、未来の自分の強いこと強いこと、まるでダイハードとかターミネーターの世界じゃないの。あんなに強ければ最初から逃げ回ることもなかったのでは、とストーリーの流れ自体にも疑問符が付いてしまうのだ。
 とまあいろいろ突っ込みどころの多い映画なのである。ただ壮絶なラストシーンはなかなか感動的でもあったし、タイムトラベルものとしては新趣向な作品でもあり、もう少し脚本を練り込んでいたら、もっと素晴らしい作品になったはずだ。そう考えると非常にもったいない、悔いの残る映画だったのではないだろうか・・・。

最後に下記のバナーをクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« 渾身 KON-SHIN | トップページ | 東京家族 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/48945904

この記事へのトラックバック一覧です: LOOPER/ルーパー :

» 「LOOPER/ルーパー」みた。 [たいむのひとりごと]
ジョセフ君の30年後がブルース?ということで、めっちゃ楽しみにしていた作品。そう言えばあまりまじまじ見たことが無いけれど、この2人の目の色って同じだったっけ?とにかく似てるとは言い難い2人が、メイクの... [続きを読む]

受信: 2013年1月26日 (土) 13時02分

» LOOPER/ルーパー・・・・・評価額1600円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
哀しみの無限ループ。 タイムトラベルが実用化された未来。 犯罪組織によって転送されてくるターゲットを始末する殺し屋・ジョーの元に、30年後の自分が送られてくる。 未来からやって来たオールド・ジョ...... [続きを読む]

受信: 2013年1月26日 (土) 19時33分

» LOOPER/ルーパー [だらだら無気力ブログ!]
面白かったものの、ちょっとイマイチ。 [続きを読む]

受信: 2013年1月27日 (日) 02時07分

» LOOPER ルーパー : マトリック臭的な [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 明日は、いよいよ成人式ですね。新たに成人になられる方、おめでとうございます。あなた方も、これから日本を支える側の人間になりますね。まあ、肩の力は抜いて頑張って下さい [続きを読む]

受信: 2013年1月28日 (月) 14時42分

» ルーパー [映画的・絵画的・音楽的]
 『LOOPER/ルーパー』を渋谷東急で見ました。 (1)評判のSF物ということで映画館に足を運びました。  物語の主人公・ジョー(ジョゼフ・ゴードン=レヴィット)は、30年後の「未来」(2074年)からタイムマシンで送り込まれてくる人物を銃で殺す作業をする「ルーパー」...... [続きを読む]

受信: 2013年2月 4日 (月) 21時47分

» 映画:「LOOPER/ルーパー」~劇場で [David the smart ass]
タイムトラベルものというだけで見に行きました。 感想は、悪くないです。公式サイトや劇場で見た予告などに、マトリックス以来の衝撃作のようなフレーズを見かけますが、それはどうでしょうか? そんな大...... [続きを読む]

受信: 2013年2月 5日 (火) 23時05分

» 現在 VS 未来 [笑う社会人の生活]
12日のことですが、 映画「LOOPER/ルーパー」を鑑賞しました。 未来からタイムマシンで送られてきた標的を消す“ルーパー”と呼ばれる殺し屋のジョー ある日、ジョーのもとへ送られてきたのは 何と30年後の自分で・・・ ルーパーの設定の面白さ! このアイデアは新しく や...... [続きを読む]

受信: 2013年2月11日 (月) 22時21分

» LOOPER/ルーパー [零細投資家映画記録]
鑑賞映画館:MOVIXココエあまがさき シアター4 鑑賞日時:1月24日 評価:B- 原題:Looper 製作:2012年 アメリカ 監督:ライアン・ジョンソン 出演: ブルース・ウィリス ジョゼフ・ゴードン=レヴィット エミリー・ブラント ポール・ダノ シュイ・チン ノア・セガ…... [続きを読む]

受信: 2013年3月 4日 (月) 00時05分

» 映画『LOOPER/ルーパー』を観て [kintyres Diary 新館]
13-6.LOOPER/ルーパー■原題:Looper■製作年、国:2012年、アメリカ■上映時間:118分■観賞日:1月26日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木)■料金:1,800円 □監督・脚本:ライアン・ジョンソン◆ジョセフ・ゴードン=レヴィット(ヤング・ジョー)◆ブルー...... [続きを読む]

受信: 2013年5月29日 (水) 22時23分

» LOOPER/ルーパー [いやいやえん]
ブルース・ウィリスとジョセフ・ゴードン=レヴィットが年代の違う同じ男性を演じる。 ハゲてく過程をみせていくのが斬新www ヤングとオールドのジョーが二人して巨悪に立ち向かう話かと思ってたのですが、違った…。 タイムマシンが開発されていた近未来、その使用は禁じられ犯罪組織のみが利用していた。そりゃそうだろうなー、でも処刑以外にもっと有効な使い道があるんじゃない?って思ったりも。どうせ犯罪組織なんだしさ! 序盤はこの「設定」の説明。ほとんど単独行動のヤングとオールドのジョー。ジョセフの顔を... [続きを読む]

受信: 2013年7月12日 (金) 09時26分

» LOOPER/ルーパー [銀幕大帝α]
LOOPER 2012年 アメリカ 118分 アクション/SF PG12 劇場公開(2013/01/12) 監督:ライアン・ジョンソン 製作総指揮:ジョセフ・ゴードン=レヴィット 脚本:ライアン・ジョンソン 出演: ジョセフ・ゴードン=レヴィット『ダークナイト ライジング』:ヤン...... [続きを読む]

受信: 2013年8月 2日 (金) 01時38分

« 渾身 KON-SHIN | トップページ | 東京家族 »