« 運命の女 | トップページ | シティ・オブ・ゴッド »

2012年12月 8日 (土)

北のカナリアたち

★★★★

製作:2012年日本 上映時間:122分 監督: 阪本順治

 私はサユリストではないので、吉永小百合の観音様的な役柄には、いつも反感を持っていた。だが今回はちょっとクセのある湊かなえの原作ということもあってか、今までとは一味違った演出でなかなか良かったと思う。また俳優陣も柴田恭兵 、仲村トオル、森山未來 、満島ひかり、宮崎あおい、小池栄子、松田龍平、里見浩太朗と多彩であり、前半は小百合さんが、ほとんど狂言回しに徹していたのも効果的だったのかもしれない。そしていつもながらのことだが、子供たちの演技には、大いに泣かされてしまうのだ。

Kitanokanaria

 それにしても、全く御年67歳には見えない小百合さん。若くて美しいのは言うまでもないが、海の中を泳いだり、高い梯子に登ったりのシーンには驚かされてしまった。さぞかし普段の鍛錬は大変なんだろうなと感じるばかりである。
 超美麗な映像良し、多彩で実力派の俳優陣良し、ちょっとミステリアスな展開良しで、TV映画とは一線を課した、ほんとうの『邦画』を久々に観た感があった。・・・と言っても観客は年配者中心であり、まだまだ若い人たちには余り受け入れられないようなのが残念である。

最後に下記のバナーをクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« 運命の女 | トップページ | シティ・オブ・ゴッド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/48129900

この記事へのトラックバック一覧です: 北のカナリアたち:

» 北のカナリアたち★★★★ [パピとママ映画のblog]
『告白』の原作者である湊かなえの小説「往復書簡」の一編「二十年後の宿題」を、日本を代表する女優・吉永小百合を主演に迎え、『大鹿村騒動記』の阪本順治監督が映画化したヒューマン・サスペンス。20年前に起きた悲劇により引き裂かれた教師と教え子たちがある事件を機...... [続きを読む]

受信: 2012年12月 8日 (土) 19時19分

» 映画『北のカナリアたち』観てきたよ~(´。`) [よくばりアンテナ]
原案が湊かなえの『往復書簡』に収められてる短編の「二十年後の宿題」。 本を読んだ時、なんだかなぁ~と思っていて、 映画になったら面白くアレンジされてるんじゃないか、 はたまたキャスティング...... [続きを読む]

受信: 2012年12月21日 (金) 23時40分

» 『北のカナリアたち』お薦め映画 [名機ALPS(アルプス)MDプリンタ]
二十四の瞳よりも少しダークで、罪の意識や負い目を抱えた人間の内面描写に重点を置いている。はるは精一杯の勇気を鞄に詰めてケジメをつけに戻ったのだとも言えよう。20年ぶりの授業は感動的である。他者への理解と赦し、そして希望がテーマとなった、北の分校物語だ。... [続きを読む]

受信: 2012年12月24日 (月) 05時11分

« 運命の女 | トップページ | シティ・オブ・ゴッド »