« 映画は劇場で観たいね | トップページ | 天草・雲仙・平戸への旅 »

2012年11月 1日 (木)

卒業

★★★★

 その昔同名の名作洋画がありましたね。その先入観があって全くパスしていた邦画なのですが、ネットでストーリーを読んでからは、俄然観たくなり決算で忙しいにも拘らず、とうとう日比谷シャンテまで足を運んでしまった記憶があります。

Sotu

 過去愛した女性の影を消し去れない心理学の講師役の堤真一と、彼を執拗に追い回わす女学生役の内山理名。実はその女学生こそ、彼が過去に愛した彼女の娘であるのだが・・・・彼は全く気づかない。そして過去にこだわる彼にだんだん失望してゆく恋人役の夏川結布との葛藤・・・と3つのせつない愛を淡々と描いた珠玉の名作と言ってもよいでしょう。

 雨に始まり、雨で終わるこのメンタルラブストーリー。綺麗な映像とロマンチックなミュージックをブレンドして、いやにやるせなく、それでいて心のときめきを感じずにはいられません。
 僕の瞳も、スクリーンの中の雨に濡れたかのように、しっとりと潤んでしまいました。また堤・内山・夏川の主役3人はべストキャストで、それぞれが、ぴったりと役にはまっていたと思います。
 また謎のまま終結するエンディングについては、賛否両論あると思いますが、僕は娘役の内山が告白するつもりで書いた手紙を抜いたように、この映画では「曖昧なまま」にして正解だったのではないかと思いました。

最後に下記のバナーをクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« 映画は劇場で観たいね | トップページ | 天草・雲仙・平戸への旅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/47676748

この記事へのトラックバック一覧です: 卒業:

« 映画は劇場で観たいね | トップページ | 天草・雲仙・平戸への旅 »