« ラスト・サムライ | トップページ | 七年後の恋人 »

2012年11月17日 (土)

アザーズ

★★★★

 久し振りにしっかりしたゴシックホラーを観て満足しました。主な登場人物は、古い大きな洋館に住む母親と、光アレルギーの娘と息子、使用人が3人という少人数なのですが、なかなか見応えのある良い作品でした。

 またこの映画の評価を高めた一番の原因は、主演のニコール・キッドマンと、2人の子役達の素晴しい演技ではないでしょうか。 それから、いきなりのどんでん返しで奇をてらうのも悪くはありませんが、いかにもB級ホラーという感じが残るのも否めません。ところがこの作品では、どんでん返しに当たる「謎の部分」を少しずつ解明してゆくという手法を使っています。
そのためにラストシーンでは、どんでん返しの印象より「やるせない悲哀」のような気持が心に残り、より文学性を高めたような気がしました。

最後に下記のバナーをクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« ラスト・サムライ | トップページ | 七年後の恋人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/47872473

この記事へのトラックバック一覧です: アザーズ:

« ラスト・サムライ | トップページ | 七年後の恋人 »