« 希望の国 | トップページ | ラスト・サムライ »

2012年11月12日 (月)

アルゴ

★★★★☆

製作: 2012年 米国  上映時間: 120分  監督: ベン・アフレック

 監督のベン・アフレックが、主役のCIAエージェント・トニー・メンデスを演じるサスペンス映画である。この作品は1979年にイランの首都テヘランで実際に起きた「アメリカ大使館人質事件」と、その裏で敢行されたCIAによる救出作戦を克明に追って行くのだ。

Arugo_2

 イラン革命が激しさを募らせ、その果てに過激派グループがアメリカ大使館を占拠し、52人の人質を取るという事件が勃発してしまう。そんな中で、6名のアメリカ人が大使館から脱出してカナダ大使の自宅に潜伏するのだが、大使館勤務員の名簿が暴かれ、彼等の行方が発見されるのは時間の問題となってくる。そしてもし彼等が見つかれば、彼等6名が処刑されるだけではなく、彼等をかくまったカナダ大使夫妻をはじめ、人質となっている52人の命も危なくなるのだ。

 まずカナダ大使宅に潜伏している6名を早急に救出する必要があるのだが、一体どのような方法で極秘に救出出来るのだろうか。救出作戦のエキスパートであるCIAのトニー・メンデスは、息子がTVで『猿の惑星』を観ているのをヒントにして、大胆不敵で前代未聞、かつ危険がいっぱいの救出作戦を上司に立案し、自らが実行することになる。
 
 彼がテヘラン空港に到着してからは、とにかくドキドキハラハラ、最後の最後まで気を緩めることが出来ない展開が続いてゆく。そして土壇場でひっくり返り、さらにまたどんでん返しの逆転があるのだが・・・。果たして彼と6名の運命はいかに・・・。
 決して派手な映画ではない。むしろ地味な映画かもしれないが、この心の高揚感はなんだろう。実に上手い演出である。そしていつも実話ものには外れがないよね。

 ところが、ラストの一番良い場面で、突然スクリーンが真っ暗になってしまったのである。原因は不明とアナウンスがあった切り、約15分間も座席に放置されてしまった。ロードショウ館で、いまどきフイルムが切れるということはあり得ないし、一体どうしたのだろうかと不安になってくる。大昔なら観客たちが「金返せ~!!」と大声を上げていたのだが、今の観客たちはみな紳士淑女ばかりだ。皆さんじっと我慢の子を決め込んでいる。

 私はその間に、隣の席にいた若いカップルと、遥かなる年齢の差を超えて話をする機会を得た。やはり人間は窮地に陥れば、皆仲間意識を持つんだな、また年代の違いより趣味の一致のほうが親密さを産むのかもしれない。そうこうしているうちに15分間はあっという間に過ぎて、再びスクリーンに映像が戻っていた。
 途中迷惑をかけたということで、終映後に映画館側から無料映画鑑賞券をプレゼントされた。結局のところ、若い人と会話も出来たし、映画の無料券も戴いて、私にとっては楽しいハプニングだったということになるのかな・・・。

最後に下記のバナーをクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« 希望の国 | トップページ | ラスト・サムライ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/47813476

この記事へのトラックバック一覧です: アルゴ:

» 映画「アルゴ」真実が伝える本物の緊張感 [soramove]
映画「アルゴ」★★★★ ベン・アフレック、アラン・アーキン、 ブライアン・クライストン、ジョン・グッドマン出演 ベン・アフレック 監督、 120分、2012年10月26日より全国にて公開 2011,アメリカ,ワーナー・ブラザーズ (原題/原作:ARGO) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 初登場10位スタート、2週目は 圏外へと淋... [続きを読む]

受信: 2012年12月 3日 (月) 20時44分

» No.346 アルゴ [気ままな映画生活]
ベン・アフレックが、監督のほか製作・主演も務め、イランで実際に起こったアメリカ大使館人質事件の救出作戦を描く。1979年11月4日、イラン革命が激化するテヘランで過激派がアメリ ... [続きを読む]

受信: 2013年4月21日 (日) 22時31分

« 希望の国 | トップページ | ラスト・サムライ »