« 時砂の王 | トップページ | 恋愛適齢期 »

2012年10月20日 (土)

ツナグ

★★★★

製作: 2012年日本 上映時間: 129分 監督: 平川雄一朗

 直木賞作家である辻村深月の小説を原作にしたファンタジー・ドラマ。「ツナグ」とは死者と生きている人の再会を仲介役のことで、本作ではその「ツナグ見習い」を努める高校生が、依頼者と死者との様々な感情に触れて成長していく姿を描いてゆく。

Tunagu

 その主人公である高校生・渋谷歩美役は、NHK朝ドラ『梅ちゃん先生』で有名になった松坂桃李くんが好演している。また歩美の祖母でツナグ師匠でもある渋谷アイ子役を樹木希林が珍しく抑え目の演技を披露。これがなかなか渋くて良かったね。さらには佐藤隆太、遠藤憲一 、八千草薫、仲代達矢などの芸達者やベテランが、しっかりと脇を固めている。

 原作では4組の話が挿入されているらしいが、映画では時間制限のためか、遠藤憲一と八千草薫の話、橋本愛と大野いとの話、佐藤隆太と桐谷美玲の話という三話構成になっているのが、やや物足りなかった。個人的には遠藤憲一と八千草薫が演じた息子と死んだ母の話に一番泣かされてしまったが、全体的に涙が止まらなくなるシーンが多かったね。
 テーマとしては、かなり荒唐無稽であり、所々に突っ込みどころ満載ではあるが、アイデア的には素晴らしいし、心温まる良作邦画と言い切っても間違いないだろう。

最後に下記のバナーをクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« 時砂の王 | トップページ | 恋愛適齢期 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/47521613

この記事へのトラックバック一覧です: ツナグ:

» ツナグ [そーれりぽーと]
おそらく今一番日本の映画ドラマ界で注目されている松坂桃李他、若手役者達と、名優達の共演が気になってた『ツナグ』を観てきました。 ★★★ “ツナグ”とは、生きている人と死んだ人の間を取り持って引き合わせる者。 いわゆるイタコとは違い、死んだ人は生前の姿のままで...... [続きを読む]

受信: 2012年10月20日 (土) 13時08分

» ツナグ ★★★ [パピとママ映画のblog]
辻村深月の吉川英治文学新人賞受賞作を原作に「ROOKIES 卒業」の平川雄一朗監督が映画化。死者との再会を望む人々と、その仲介を司る“ツナグ”として、他人の人生に深く関わっていく一人の少年の葛藤と成長を描く。出演は「アントキノイノチ」の松坂桃李、「わが母の記」の...... [続きを読む]

受信: 2012年11月 7日 (水) 17時03分

» ツナグ : こちらのツナグならよいかも [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 先日紹介したあの映画も、人と人を思いっきり繋ぐ映画でしたが、観終わった後の気分は最悪でした。その点、本日紹介する作品は、同じ繋ぐ映画でも安心して観れる作品です。では [続きを読む]

受信: 2013年6月 1日 (土) 13時34分

» 映画 ツナグ [こみち]
JUGEMテーマ:邦画 nbsp; たった一人の死んだ人と一度だけ会える。 nbsp; 一見、良いようなチャンスに思えるが、あってしまったことで nbsp; 別のわだかまりが出てしまうこともありますね。 人の死んだ人と一度だけ会える。 これは、良い機会なのか、悪いことなのかは一概に言えません。 nbsp; また、死んだ人と会える機会を作った仲介人にも nbsp; 重い負担になる... [続きを読む]

受信: 2014年2月23日 (日) 15時09分

« 時砂の王 | トップページ | 恋愛適齢期 »