« The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛 | トップページ | トータル・リコール »

2012年8月14日 (火)

バンジージャンプする

★★★

 大森の夜は寂しい。ましてや、うらぶれた西友の5階にある『キネカ大森』は、なお淋しい。
 わずか40席余りの小さなスクリーンを観ているのは、ご近所のおばさん達約20名といったところである。

 タイトルも奇妙だが、ストーリー展開は、もっと変てこりんな韓国映画だった。主演がご存知おばちゃん達のアイドルであるイ・ビョンホンということで、なんとか20人集まったのだろう。
 東京で短期間の単館上映しか出来なかったのもうなづけるほどの珍味?な作品だった。
 前半は独特のおとぼけを混入した、韓流を象徴するような純愛映画だったのだが・・・彼女とホテルに入ってからおかしくなってしまった。
 その後いつの間にか、数年間の時空を飛び越えて、学生だったイ・ビョンホンが、数師になってしまうのである。ここでかなり戸惑う人が多いと思うが、ストーリーが続く中で、少しずつ『彼が時々過去を思い返している』ことに気付くはずである。
 そこまでは何とか許せるのだが、後半からの真面目なのか、おちょくられているのか、皆目見当のつかない展開にだんだん腹が立ってくるだろう。
 ラストシーンこそ!と最後の期侍をかけるのであるが、馬鹿にされたままバンジージャンプのシーンになってしまった。
 おいおい、有望なる青年の未来はどうなるんだ。そして妻子は一体どうなっちゃうの・・・
 ラスト寸前でうっすらとにじんだ涙も、一瞬にして乾いてしまったじゃないか!
 凝りまくって、変化球を投げるのも良いが、せいぜいカーブやフォーク程度にしてくれ。たとえマンガであっても消える魔球が限界だ。『踊る魔球』はないだろう。

最後に下記のバナーをクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛 | トップページ | トータル・リコール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/46694024

この記事へのトラックバック一覧です: バンジージャンプする:

» 『バンジージャンプする』 [京の昼寝〜♪]
 ドキドキして落ち着かない出会い。ついに恋ははじまる・・・ 姿の違う混乱の出会い。しかし、愛はつづく ldquo;きっと、あなたは私をみつける。rdquo;■監督 キム・デスン■脚本 コ・ウンニム■キャスト イ・ビョンホン、イ・ウンジュ、イム・ヒョンボン、オ・...... [続きを読む]

受信: 2012年8月18日 (土) 22時24分

« The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛 | トップページ | トータル・リコール »