« 恋愛睡眠のすすめ | トップページ | 温泉宿の選択条件 »

2012年7月11日 (水)

キル・ビルVol2

★★★☆

 キルビルVol1でまだ復讐の終っていない、ビルとその弟と片目のエルの3人を追って再び米国へ戻る主人公のユマ・サーマンですが、今度は前回のように簡単にはいかないのです。今回の展開はまさにマカロニウエスタンスタイルですね。

Kill2

 それにしても前回の続きとは思えない程、全然違った創り方をしていました。これもタランティーノたる所以かもしれませんね。 今回は前作のようなハデなアクションもないし、出演者も少なく、製作費もかかっていません。その代わりといっては変ですが、前回のようなハチャメチャなストーリー展開もなく、オーソドックスな創りかたをしていました。
 ラストのビルとのやりとりも、心打たれるようなラブストーリーに模様替えしたような感じがしました。 しかしながら興業的には大失敗かもしれません。劇場はガラガラで2~3週間の最短距離で上映終了のようでした。

 たぶん前作のグロテスクなイメージが女性の足を引っ張ってしまったのと、逆に前作のド派手さに期待したオタク族の失望を買ってしまったのでしょうね。まぁどうしても観なくてはいけないほど素晴らしい作品ではないことも確かではありますが・・・。ただ他の映画の2作目がより派手に金を使うだけで内容が希薄になる傾向にあるのに、この作品は全くその逆を行っているところに、タランティーノの心意気を感じました。

最後に下記のバナーをクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« 恋愛睡眠のすすめ | トップページ | 温泉宿の選択条件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/46288969

この記事へのトラックバック一覧です: キル・ビルVol2:

« 恋愛睡眠のすすめ | トップページ | 温泉宿の選択条件 »