« 劇場版 ライバル伝説 光と影 | トップページ | 星の旅人たち »

2012年6月26日 (火)

パルプ・フィクション

★★★★

 『キル・ビル』を観て、タランティーノ監督のことが気になり、少し調べてみました。彼はビデオ屋の店員から俳優を経て、映画監督になり、『パルプ・フィクション』という作品で、アカデミー脚本賞に輝き、一躍有名になったようです。
 そこでその出世作『パルプ・フィクション』とはいかなる作品だったのかと思い、ビデオ店の棚を探してレンタルしてきたわけです。

Palupu
 この作品のストーリーそのものは、それ程複雑でもなく、ステージも数少なく、わずか数日の出来事を会話部分を思い切り引き伸ばして、2時間30分もの長編に仕上げているのであります。
 従って単純にアクション映画を観たかった人は、『苦痛』に感じたかもしれません。ただこの映画の良いところは、基本的に3つのステージを用意し、それぞれのストーリーがある程度独立していながら、巧みに絡み合いエンディングでは、訳の分からなかったオープニングと見事に結合して、時間軸のゆがみを補正してしまいう構成だと思います。
 またブルース・ウィルス、ジョン・トラポルタ、サミュエル・L・ジャクソン、ユマ・サーマンと主演級の俳優がずら~と顔を揃えている超豪華なキャストも観応えがありました。
 またタランティーノ監督自身も、熱演しているシーンも一味違って楽しめました。

最後に下記のバナーをクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« 劇場版 ライバル伝説 光と影 | トップページ | 星の旅人たち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/45901948

この記事へのトラックバック一覧です: パルプ・フィクション:

« 劇場版 ライバル伝説 光と影 | トップページ | 星の旅人たち »