« ミッドナイト・イン・パリ | トップページ | ソウル・サーファー »

2012年6月11日 (月)

グロテスク

 妹のユリコ、友人の和恵とミツル、そして自分を含めた4人の女達のゆがんだ青春と、グロテスクなほど異常な成年期を描いた怪作である。またこの作品は、1997年に東京都渋谷区円山町で発生した「東電OL殺人事件」を参考にして描かれた作品だという。そして近年になって、鬼才・園子温監督が、やはり「東電OL殺人事件」をモチーフとした『恋の罪』という映画を製作している。

Glo
 もし僕が女性だったら、さらにもっと強烈なインパクトを受け、自分の生き方そのものにも大きな影響を受けてしまっただろう。ある意味でこの作品は、かなり危険な『有毒小説』かもしれない。ほとんどが女達の手記や日記として綴られているのだが、ことに和恵の日記はグロテスクそのもので、発狂寸前というか、途中で完全に切れてしまっている。

 分厚く重い単行本で、通勤時に本を読む僕には、少々荷物になってしまったが、中盤ごろからは、その重さも気にならない程没頭してしまった。問題作ではあるが、この作品を外しては桐野夏生を語れない位の傑作に仕上がっている。

最後に下記のバナーをクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« ミッドナイト・イン・パリ | トップページ | ソウル・サーファー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/45618074

この記事へのトラックバック一覧です: グロテスク:

« ミッドナイト・イン・パリ | トップページ | ソウル・サーファー »