« 久し振りの京都観光 | トップページ | 10ミニッツ・アフター »

2012年5月18日 (金)

2ピアノ4ハンズ

日生劇場で公演されている一風変わった二人芝居。出演者のテッド・ダイクストラとリチャード・グリンブラットは、共にカナダ人で二人とも子供の頃に、無理矢理ピアノを習わされ、クラシック・ピアニストを目指していたようである。

Scan10555
 その経験を上手に脚本化して、二台のグランドピアノを弾きながらの二人芝居を実現している。そのコミカルな演技は、どこかコント55号をお洒落にした感があるし、ピアノのほうはクラシックをはじめとして、ジャズやポピュラーも単独で或いは連弾で巧に演奏するのだ。 天は二物を与えずと言うが、彼等はそのことわざを覆すほどのテクニシャンである。かなりの工夫と努力とが結実した結果であろう。

 二人の役柄は、一瞬にして変化してしまうので、序盤は何がなんだか良く分からなかったが、照明による役柄チェンジのタイミングなどが分かりはじめると、だんだん面白くなってくる。いずれにせよ、日本人にはマネの出来ない芸当で、オフ・ブロードウエイで6ヶ月間のロングランを記録し、全世界で200万人が観たという大ヒット作である。
 時間は途中20分の休憩を挟んで、約2時間半。観劇料金も3000円~8000円とリーズナブル。従ってたまには、こうした毛色の違った演劇いや演奏?を、気楽に観に行くのも楽しいものである。

最後に下記のバナーをクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« 久し振りの京都観光 | トップページ | 10ミニッツ・アフター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/45306774

この記事へのトラックバック一覧です: 2ピアノ4ハンズ:

« 久し振りの京都観光 | トップページ | 10ミニッツ・アフター »