« ゴジラ映画は復活するか | トップページ | ドッグヴィル »

2012年3月16日 (金)

父と暮らせば

★★★★

 原作は井上ひさしで、広島原爆投下3年後、ある4日間の、被爆した父娘の会話を描いたお話です。そしてそのストーリーのほとんどが、父親役の原田芳雄と、娘役の宮沢りえの二人芝居で、舞台も自宅だけという、超シンプルな映画でした。

Papato
 父親は原爆で死んでいるので、幽霊と言うことになるのですが、実は娘の苦悩から生まれた虚像だったのかもしれません。それに父娘は、全く普通の人と同じように会話を続けているので、初めのうちは、実在の人物かと勘違いしてしまいます。
 時折回想シーンが少し挿入されているものの、このような変化のないストーリーでは、退屈して居眠りしても当然でしょう。

 ところがスタートから15分ほど過ぎると、不思議とスクリーンに吸いこまれてしまいました。それはきっと、原田芳雄の抜群の演技力と、宮沢りえの透き通るような清楚さといじらしさに、感銘を受けたからだと思います。
 ただ家庭でDVDなどを観る場合は、かなり忍耐強い人でないと、途中で飽きて、観るのを辞めてしまうかもしれませんね。

 またこのような二人芝居仕立ての演劇を、映画として作る必要があったのか否かについても、疑問が残るところですが・・・少なくとも、ラストシーンでのドンデン返しだけは、映画でしか表現出来なかったと思います。
 このラストシーンで、それまで想像していた話の展開が、ガラガラと音をたてて崩れてしまい、実は~だったのかと、急にせつなく悲しい気分になってしまいました。

最後に下記のバナーをクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« ゴジラ映画は復活するか | トップページ | ドッグヴィル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/44513289

この記事へのトラックバック一覧です: 父と暮らせば:

« ゴジラ映画は復活するか | トップページ | ドッグヴィル »