« 修善寺温泉への小旅行 | トップページ | ヒューゴの不思議な発明 3D »

2012年3月26日 (月)

127時間  壮絶な結末だね

★★★★

 誰にも行き先を知らせない勝手気ままな一人旅。ところが岩山の狭間に転落し、岩に腕が挟まったまま身動き出来なくなってしまう。食料はほとんどなく数日分の水があるだけ。そしてこんな山奥には誰も訪れない。夜は寒いし、空腹と渇きでクラクラし、このままでは数日後に確実に死んでしまうだろう。さあ、貴方ならどうする?

127

 監督はあの『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル、主演は『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』のジェームズ・フランコである。大自然の映像はなかなか美しく、時々スクリーンを三分割にした凝った撮影方法も魅力的だ。またジェームズ・フランコの軽快かつ迫真の演技も見ものである。

 本作はこの恐怖と絶望の5日間を克明に描いているため、登場人物も少ないし、過去の回想が所々に散りばめられている。結局は自分の我儘な性格が招いた悲劇なのだが、このような事態になるまでは、全くそれに気付かなかったのである。

 最後は半分やけくそになり、切れないナイフで無理やり自分の腕を切断する。そして主人公は自らが気絶しないよう祈りながら、文字通り命がけの作業を続けるのだが、そのシーンを観ているこちらのほうが気分が悪くなり気絶しそうだった。今でも思い出すとクラクラしてくる。気の弱い人は、このシーンだけはパスしたほうがよいかもしれない。
 それにしてもこの話は実話だというから、まさに事実は小説より奇なりである。

最後に下記のバナーをクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« 修善寺温泉への小旅行 | トップページ | ヒューゴの不思議な発明 3D »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/44641824

この記事へのトラックバック一覧です: 127時間  壮絶な結末だね:

« 修善寺温泉への小旅行 | トップページ | ヒューゴの不思議な発明 3D »