« スーパーマン映画は、なぜ長続きしないのか | トップページ | 戦火の馬 というより奇跡の馬だね »

2012年3月10日 (土)

モールス  これはユニークなバンパイア映画だ

★★★★

  『クローバーフィールド/HAKAISHA』のマット・リーヴス監督がメガホンをとったホラー映画で、あのスティーヴン・キングが絶賛した作品らしい。そして主演は『キック・アス』のクロエ・モレッツちゃんとくれば、映画好きならすぐに飛びつきたくなる映画である。

Morse
 モールスというタイトルは、クロエ・モレッツちゃん扮するミステリアスな少女アビーと、隣家に住む孤独でいじめられっ子のひ弱な少年オーウェンが、壁越しにモールス信号で会話するシーンをもじって付けたのだろう。ただそんなシーンは極僅かであり、当然のことながら原題の『LET ME IN (私を入れてください)』のほうがぴったしだ。
 というのも、この映画はスウェーデン映画『ぼくのエリ 200歳の少女』のリメイク版で、一風変わったバンパイア映画なのだ。バンパイアは他人の家に招かれなければ入れない、それで原題が『LET ME IN (私を入れてください)』なのである。

 バンパイア映画ではあるが、バンパイアとしての超能力シーンは余りなく、少年と少女の切ないラブストーリーを中心に展開してゆく。そしてそれがこの作品の見どころとなっているのだ。さらに少女と父親らしき人物との関係と、ラストの結末が見事に絡みあってゆくところが実に面白い。ホラーファンなら決して観て損のない映画であろう。

最後に下記のバナーをクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« スーパーマン映画は、なぜ長続きしないのか | トップページ | 戦火の馬 というより奇跡の馬だね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/44438634

この記事へのトラックバック一覧です: モールス  これはユニークなバンパイア映画だ:

« スーパーマン映画は、なぜ長続きしないのか | トップページ | 戦火の馬 というより奇跡の馬だね »