« 8月のメモワール | トップページ | 赤目四十八滝心中未遂 »

2012年2月 9日 (木)

J・エドガー

★★★

 さすがクリント・イーストウッド作品のブランド力は凄いね。平日の昼間から映画館は満員御礼であった。従って興行的には大成功かもしれないが、作品の出来はいまひとつかもしれない。

Jedg
 決してつまらない作品ではなく、アカデミックな社会派ドラマなのであるが、映画としてはちょっともの足りないのである。主人公の自己中な性格には共感出来ないし、ドキドキするような心理描写もなければ、アクションもロマンスも皆無なのだ。

 イーストウッドの作品としては、かなり異色であり、ある意味力みのようなものを感じてしまった。余りアカデミー賞など意識せず、心にジーンとくる作品に徹して欲しかったのだが、イーストウッドも人の子、そろそろ限界点に達してしまったのかもしれない。
 キャストとその演技と老けメイクに関しては申し分なかっただけに、脚本のつまらなさは実に残念であった。次回作こそイーストウッドにとっては、正念場となるに違いないだろう。

最後に下記のバナーをクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« 8月のメモワール | トップページ | 赤目四十八滝心中未遂 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/44046072

この記事へのトラックバック一覧です: J・エドガー:

» J・エドガー 自らの権威にここまで執着する人物ってすごい!ってのを見事に描いていた [労組書記長社労士のブログ]
【=7 -0-】 最近、クリント・イーストウッド監督の作品は絶対に見逃せないと思っている。 封切りからずいぶん経ってしまったが、先日ようやく鑑賞できた(上映時間がなかなか噛み合わなかった) 期待を裏切らず、興味深い、のめり込める作品だった! FBI初代長官として...... [続きを読む]

受信: 2012年2月 9日 (木) 12時54分

» FBIを創った男〜『J・エドガー』 [真紅のthinkingdays]
 J. EDGAR  初代FBI長官J・エドガー・フーバー(レオナルド・ディカプリオ)は、老境に 差し掛かってもその地位に君臨していた。彼は、半世紀近くに渡るFBIでの 出来事を、自らの回想録と...... [続きを読む]

受信: 2012年2月 9日 (木) 16時19分

» J・エドガー/J. Edgar [LOVE Cinemas 調布]
クリント・イーストウッド監督最新作。FBI初代長官ジョン・エドガー・フーバーの半生を描いた伝記物語だ。大統領ですら手が出せないほどの権勢を誇った男の人生の裏側を赤裸々に映し出す。主演は『インセプション』のレオナルド・ディカプリオ。共演に『愛する人』のナオミ・ワッツ、アーミー・ハマーらが出演している。... [続きを読む]

受信: 2012年2月 9日 (木) 20時26分

» J・エドガー [そーれりぽーと]
クリント・イーストウッド監督×レオナルド・ディカプリオ。 これは興味深い!しかしJ・エドガーて誰?何の話? 何の予備知識も無いまま『J・エドガー』を観てきました。 ★★★★ んー、なるほど益々この人物が興味深い。 クリント・イーストウッド、よくもこれだけ全く違...... [続きを読む]

受信: 2012年2月 9日 (木) 20時38分

» 映画「J.エドガー」正義に取りつかれた男の物語 [soramove]
「J.エドガー」★★★★ レオナルド・ディカプリオ、ナオミ・ワッツ、 ジョシュ・ルーカス、ジェフリー・ドノヴァン、 リー・トンプソン、ジュディ・デンチ出演 クリント・イーストウッド 監督、 137分、2012年1月28日公開 2011,アメリカ, ワーナー・ブラザース (原題:J. Edgar ) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← ... [続きを読む]

受信: 2012年2月11日 (土) 21時40分

» ■映画『J・エドガー』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
50年にわたりアメリカの秘密を握り続けた、FBI初代長官のジョン・エドガー・フーバーの半生を描いた映画『J・エドガー』。 クリント・イーストウッド監督は、アメリカ大統領たちすらも恐れた男を、強烈な母の呪縛のもと、本当の自分を偽り“男として”パワーをもつことにこだわ... [続きを読む]

受信: 2012年2月14日 (火) 13時34分

» J・エドガー [映画的・絵画的・音楽的]
 『J・エドガー』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)こうした実在の人物を描く作品はあまり好みませんが、クリント・イーストウッド監督(注1)が制作し、L・ディカプリオ(注2)の主演ということであれば、何はともあれ見ざるを得ないところです(同監督の『インビクタ...... [続きを読む]

受信: 2012年2月24日 (金) 06時15分

» J・エドガー           評価★★★★85点 [パピとママ映画のblog]
「インセプション」のレオナルド・ディカプリオが、FBI初代長官ジョン・エドガー・フーバーに扮し、創設から50年もの間、そのトップに君臨し続けた権力者の隠された生涯を描く。監督は「ヒア アフター」のクリント・イーストウッド。共演は「フェア・ゲーム」のナオミ・...... [続きを読む]

受信: 2012年4月17日 (火) 23時39分

» 映画『J・エドガー』を観て [kintyres Diary 新館]
12-17.J.エドガー■原題:J.Edgar■製作年、国:2011年、アメリカ■上映時間:137分■字幕:松浦美奈■観賞日:2月23日、渋谷シネパレス(渋谷) □監督・製作・音楽:クリント・イーストウッド◆レオナルド・ディカプリオ(J.エドガー・フーバー)◆ナオミ・ワッツ...... [続きを読む]

受信: 2012年5月 1日 (火) 23時20分

» J・エドガー [いやいやえん]
これイーストウッド監督作品だったんですねぇ。 ジョン・エドガー・フーバーといえばFBI。アメリカ犯罪史にとって重要な科学捜査を確立させ、指紋管理システムを作り大組織へと変貌させた男。実に48年もの間長官を勤め上げ、その正義感と悪の部分が両立した複雑な人物をレオナルド・ディカプリオさんが演じています。 護国信念の先にあるものは、手段を選ばない非情さもあわせもつ曲者。右腕でもあったトルソンとの関係など、彼の人生は、切なさだけでは括れない哀しみとなって描かれる。 老年期から始まり過去の回想と... [続きを読む]

受信: 2012年6月 8日 (金) 10時15分

» 猜疑心と虚栄心、そして愛 『J・エドガー』 [映画部族 a tribe called movie]
監督:クリント・イーストウッド出演:レオナルド・ディカプリオ、ナオミ・ワッツ、アーミー・ハマー、ジュディ・デンチアメリカ映画 2011年 ・・・・・・ 6点 [続きを読む]

受信: 2012年6月22日 (金) 12時46分

« 8月のメモワール | トップページ | 赤目四十八滝心中未遂 »