« マネーボール | トップページ | 赤ずきん »

2012年2月22日 (水)

べルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵

★★★★

 読んだことはないのだが、本作は「ヤングア二マル」誌で連載された人気マンガなのだという。舞台は中世ヨーロッパ。主役は風貌が『北斗の挙』のケンシロウをコミカルにしたような剣士ガッツ。彼は巨大な剣を自在に操って、壮絶な運命を切り開いてゆく。

Velse
 本作では傭兵軍団「鷹の団」を率いる美貌の剣士グリフィスと出会い、彼のために働くことを誓う。だがグリフィスは、鋭い剣さばきと、巧みな処世術により貴族にまで登りつめる。そしてやがては、自ら覇王となる野望を持っていた。今回はガッツよりも、このグリフィスに視点が置かれており、まるで三國誌を見ている感じであった。
 日本のアニメであるが、ワーナーの資金が投入されているようで、かなりスケールが大きい。映像も超美麗だし、スタッフの数がもの凄いのだ。それは異常に長いエンディングクレジットを見れば一目瞭然であろう。
 本作は一話完結ではなく、これから何話も続いてゆくようである。たかがアニメと侮れない、なかなかのエンタメ大作なのだ。このあとの続編が楽しみになってきた。

最後に下記のバナーをクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« マネーボール | トップページ | 赤ずきん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/44216155

この記事へのトラックバック一覧です: べルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵:

« マネーボール | トップページ | 赤ずきん »