« 麒麟の翼 | トップページ | J・エドガー »

2012年2月 6日 (月)

8月のメモワール

★★★★

 原題は『The War』で戦争の悲惨さと無常さをテーマにしたかったのかもしれませんが、僕はむしろこの邦題のほうがぴたりと当てはまっていると思いました。
 戦争で友人を救えず、永遠に心の傷が癒されない父親(ケビン・コスナー)の生きざまに、初めは多少疑問を感じていた息子(イライジャ・ウッド)でしたが、ある出来ごとを境に父を尊敬し、自分も父のスピリットを受け継いで生きてゆこうと決心する~というまさにオールドアメリカンなお話です。

8manth
 父の息子に、そして家族に対する深い思いやりと、子供達に『私は父さんの体の一部』だと宣言する妻の深い愛情、そして父と母と弟を気づかう娘の優しさに心を打たれない人はいないでしょう。
 そして息子がだんだん成長してゆき、やがては父を乗り越えようと命がけで頑張る姿には思わず涙してしまうでしょう。
 貧しくとも、不運であっても、愛する人のために努力を惜しまなければ、必ずその先に幸福を見ることが出来るというアメリカ人の前向きなスピリットは、いつも生きる励みになります。
 また主演のイライジャ・ウッドは、当時まだ中学1年生くらいで、本当の子供ですが、『ロード・オブ・ザ・リング』の役柄よりもずっと演技力があって、存在感もあったと思いました。

最後に下記のバナーをクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« 麒麟の翼 | トップページ | J・エドガー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/44005799

この記事へのトラックバック一覧です: 8月のメモワール :

« 麒麟の翼 | トップページ | J・エドガー »