« 96時間 | トップページ | 奇跡の海 »

2012年2月13日 (月)

25時

★★★★

 麻薬の売買をした罪で、翌日から7年間の刑務所勤めが待っている男(エドワード・ノートン)の1日を描いた心理ドラマです。キャストは全て個性的で演技力の豊かな俳優ばかりでした。
 そして派手な中にも、どこか懐かしさを感じる音楽と、美しいニューヨークの映像に、大人の雰囲気がたっぷりと漂っていました。

25

 とくに胸に染みるような『夜の街』の描き方には、『抜群の冴え』を感じました。また2時間15分という上映時間にも拘らず、このような心理ドラマを退屈させなかった演出と、渋味の効いた演技力にも脱帽するばかりです。
 オープニングの犬を助けるシーンが印象的でしたが、その犬を連れて散歩するシーンは、まるで絵画のようにピタリとはまりきっていました。さらにラストに用意されたどんでん返しも、嫌味がなく何んとなく爽やかな印象が残りました。

最後に下記のバナーをクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« 96時間 | トップページ | 奇跡の海 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/44097289

この記事へのトラックバック一覧です: 25時:

« 96時間 | トップページ | 奇跡の海 »