« 真珠の耳飾りの少女 | トップページ | サラの鍵 »

2012年1月13日 (金)

パンチドラング・ラブ

★★★★

 一応ラブコメに分類されているようですが、とにかくタイトル同様、魔可不思議な作品です。オープニングは、だだっ広い倉庫の中にある事務所から、主役のアダム・サンドラーが意味不明の電話をかけているシーンからスタートします。

Panch

 そして道路で車が横転し、別の車から小さなピアノが捨てられるシーンが続きます。
 これらの出来事も最後まで意味不明なのですが、その後もその意図が良くつかめないシーンが続いてゆきます。だからといって、難解な前衛劇とも少し違いました。

 あらすじは、7人の姉達に過保護に育てられ、自分の意思をきちっと表現出来ない男が、初めて自分を理解してくれる女性にめぐり合い、力強く生きてゆくようになるというお話です。
 主人公の奇妙な心の変化を、色と音を使って表現していたのは新趣向かもしれません。
 恋人役は『奇跡の海』のエミリー・ワトソンで、主人公のおかしな行動にも動揺しない包容力を持ち、かつ積極的に自己表現が出来る大人の女性を、見事に演じていました。

 全般的に淡々とした展開でストーリーが進み、主人公のハッキリしない態度にも少しいらつきますが、ある出来事に遭遇してから急に胸がスカット晴れ渡りますよ。
 決して100点満点の映画ではありませんが、いつまでも心に残る作品といえるでしょう。

最後に下記のバナーをクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« 真珠の耳飾りの少女 | トップページ | サラの鍵 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/43729667

この記事へのトラックバック一覧です: パンチドラング・ラブ:

« 真珠の耳飾りの少女 | トップページ | サラの鍵 »