« 東京大学物語 | トップページ | RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ »

2011年12月16日 (金)

アイズ・ワイド・シャット

★★★

『2001年宇宙の旅』『時計仕掛のオレンジ』『シャィニング』のスタンリー・キューブリック監督の遺作ということで期待していたのですが、黒沢明監督同様、初期の大胆さは影を潜めて、小さくまとまったつまらない作品に落ち着いていました。

Eis
 この作品では夫婦間の性の問題という日常的なテーマを実際の夫婦である(現在は離婚)トム・クルーズとニコール・キッドマンが演じています。
 ふと妻が「あの男性になら、全てを捨ててもSEXしたい」と漏らした言葉に嫉妬した夫が夜の街を彷徨い、乱交パーティーにまで参加して、自分自身のこころに開いた穴を埋めようとするのですが・・・・
 結局は想像と見学だけで何も起こらないのです。R18指定ではありますが、陰毛がはっきりと写っていたくらいで、それ程過激なシーンはありませんでした。
唯一想像の中で他人とSEXをするニコール・キッドマンだけが艶めかしく、ドキドキさせてくれた。その他大勢の女性達が束になってもニコール1人の『艶技』にかなわないのでしょうか。。。
 またピアノの旋律が所々で効果的に弾かれていましたが、時々眠気を払ってくれたので効果的でありました。
いずれにしても淡々とした展開で、2時間半もかかってしまいましたが、もう少しテンポを早くして2時間以内にまとめて欲しかったいます。

最後にクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« 東京大学物語 | トップページ | RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ »

コメント

いつも見ています!

投稿: kenji | 2011年12月18日 (日) 09時20分

kenjiさんへ
ありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。

投稿: ケント | 2011年12月18日 (日) 16時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/43397200

この記事へのトラックバック一覧です: アイズ・ワイド・シャット :

« 東京大学物語 | トップページ | RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ »